快適なネットワーク選択

仮想ネットワークインターフェースを用いた無線LANネットワークにおける動的負荷分散方式

masahiro-ka.poster無線LAN ネットワークにおける動的負荷分散方式として,ネットワークインターフェースを仮想化し複数のアクセスポイント(以下AP)と同時接続させることで,トポロジやトラヒックの変動に即座に対応するための方式を提案する.大規模な無線LAN ネットワークでは,多くの端末において複数のAP へ接続することが可能なエリアが生まれる.このような環境下では,一部のAPに接続が集中し,各AP の負荷に偏りが生じる.そこで,いくつかの端末がAP を切り替えることで負荷を分散する方式が提案されている.しかし,AP 切り替え中は一時的に通信不能であり.加えて,その通信不能期間も長い.そのため,従来方式では,頻繁な接続先APの見直しは難しく,AP 切り替えを行うタイミングを求めることも難しいという問題がある.従って,従来方式では一定の周期を設定して負荷分散を行うことが一般的である.提案方式では,ネットワークインターフェースの仮想化により複数のAP と同時接続することで,AP 切り替え時のオーバヘッドを可能な限り小さくする.さらに,従来のような固定周期による負荷分散ではなく,ネットワーク状況の変化をモニタリングし,適切なタイミングでAP の切り替えを行なうためのアルゴリズムを提案する.

関連論文

  • 河田真宏, 玉井森彦, 山本眞也, 安本慶一, 仮想ネットワークインターフェースを用いた無線LANネットワークにおける動的負荷分散方式の提案, DICOMO2012シンポジウム論文集

 

アクセスポイント搭載車両を利用した屋外ユーザ向けWi-Fiオフローディング手法

tasuku-fPosterスマートフォンの普及に伴い,3G へのトラフィックの集中による通信品質の悪化や通信断が大きな問題となっている.これを解決する方法として,3G の代わりにWi-Fiを用いて通信を行う,Wi-Fi オフローディングが注目されている.しかし,歩行者など屋外で活動するユーザは,Wi-Fi のアクセスポイントのエリア外であるため,オフローディングを行うのが困難であるという問題がある.本稿では,屋外ユーザの付近を走行する車両を中継器として利用することで,オフローディングを実現する方式を提案する.提案方式では,まず,屋外ユーザは,自身の付近を走行する車両に対し, Wi-Fi を介して一時的にデータを預ける.データを預かった車両は,その後,自身が走行中に偶然遭遇するWi-Fiアクセスポイントを介してインターネットと接続し,預かったデータをインターネット上のノードに届けることで,Wi-Fi オフローディングを達成する.オフローディングの成功確率を上げるためには,屋外ユーザとの遭遇確率の高い車両を適切に選択する必要がある.本稿では,交差点付近において,屋外ユーザと車両との遭遇確率が高いことに着目し,対象となる屋外ユーザに対し,そのユーザと交差点で遭遇する可能性が高い車両を中継器として選択することで,オフローディングの成功確率を上げる方法を提案する.

関連論文

  • 藤井賛, 玉井森彦, 山本眞也, 安本慶一, アクセスポイント搭載車両を利用した屋外ユーザ向けWi-Fi オフローディング手法の提案, DICOMO2012シンポジウム論文集.

 

コンテキストアウェアな3G/WiFi切り替え

複数のネッワークが利用可能な場合に,ユーザのコンテキストに応じた適応的なネットワーク選択手法の提案と,様々なコンテキストとネットワーク切り替え条件を柔軟に組み合わせたAndroid向けのオリジナルアプリケーションを簡単に作成するためのフレームワークの提案を行う.提案したフレームワークを用いることで,特定の条件で動作するようなネットワーク選択アプリケーションが容易に開発可能になり,従来手法では達成できない多数のネットワーク選択シナリオを実現できることを示す.

関連論文

  • 山口雄輔, 荒川豊, 田頭茂明, 福田晃,“ コンテキスト情報を用いた適応的な無線ネットワーク選択手法の提案,” 情報処理学会研究報告, モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会, Vol.2011-MBL-57, No.10, pp.1–8, 2011年3月7, 8日. (情報処理学会MBL研究会奨励発表賞)
  • Yutaka Arakawa, Hiroshi Miyake, Yusuke Yamaguchi, Shigeaki Tagashira and Akira Fukuda, “Application-Layer Active Wireless Network Switching on a Smartphone, ” The Second Workshop on Smart Mobile Applications (SmartApps’12) in PERVASIVE2012, June 19, 2012.

Copyright(c) 2010- Ubi-lab, All Rights Reserved.