発表論文

平成29年(2017年)

学術論文誌

  1. Elder Akpa A.H, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Smartphone-based Food Weight and Calorie Estimation Method for Effective Food Journaling
    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, 2017. (accepted)
  2. Masashi Fujiwara, Yukitoshi Kashimoto, Manato Fujimoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Implementation and Evaluation of Analog-PIR-sensor-based Activity Recognition
    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, 2017. (accepted)
  3. Yutaka Arakawa,“Empirical research on human behavior change and digital intervention through maintaining one-way car-sharing,” International Journal of Service and Knowledge Management, Vol.1, No.1, pp.31–42, 2017.
  4. 河中祥吾,高橋雄太,雨森千周,藤本まなと,荒川豊,藤原晶,福島徹也,松原敬信:
    競技者の負担を軽減した自転車競技向け参加型位置共有システムの実装と評価
    情報処理学会論文誌コンシューマ・デバイス&システム(CDS), Vol. 7, No. 2, pp.12-23, 2017年5月.
  5. 水本旭洋,宵憲治,カレッドエル=ファキ,安本慶一:
    スマートスペースにおける最小コストでのコンテキスト遷移を可能にするデバイス操作系列導出ツール
    情報処理学会論文誌,Vol.58,No.2,pp.396–408,2017年2月.
  6. Yukitoshi Kashimoto, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Room measurement tool combining ultrasonic sensor and inertial sensor in smartphone,
    Int. J. of Ad Hoc and Ubiquitous Computing (accepted)
  7. Edgar Marko Trono, Manato Fujimoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Generating pedestrian maps of disaster areas through ad-hoc deployment of computing resources across a DTN,
    Computer Communications, vol. 100, pp. 129-142, March 2017.
  8. 柏本幸俊,秦恭史,中川愛梨,諏訪博彦,藤本まなと,荒川豊,繁住健哉,小宮邦裕,小西健太,安本慶一:
    エナジーハーベスト焦電型赤外線・ドア開閉センサと家電消費電力に基づいた宅内生活行動認識システム
    情報処理学会論文誌,Vol.58,No.2,pp.409–418, 2017年2月.
  9. 河村一輝,諏訪博彦,小川祐樹,荒川豊,安本慶一,太田敏澄:
    飲食店向け 不動産営業を支援する申込み顧客推薦モデルの提案
    人工知能学会論文誌,Vol.32,No.1,pp.WII-O_1-10,2017年1月

国際会議

  1. Chishu Amenomori, Teruhiro Mizumoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    A Method for Simplified HRQOL measurement by Smart Devices,
    7th EAI International Conference on Wireless Mobile Communication and Healthcare (MobiHealth 2017), Nov. 2017. (accepted)
  2. Shogo Kawanaka, Yukitoshi Kashimoto, Aryan Firouzian , Yutaka Arakawa, Petri Pulli , Keiichi Yasumoto:
    Approaching Vehicle Detection Method with Acoustic Analysis using Smartphone for Elderly Bicycle Driver,
    The Tenth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking(ICMU2017, Oct. 2017. (accepted)
  3. Yuta Takahashi, Naoki Shirakura, Kenta Toyoshima, Takuro Amako, Ryota Isobe, Jun Takamatsu, and Keiichi Yasumoto:
    DeepRemote: A Smart Remote Controller for Intuitive Control through Home Appliances Recognition by Deep Learning,
    The Tenth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2017), Oct. 2017. (accepted)
  4. Kazuma Nagano, Yutaka Arakawa and Keiichi Yasumoto:
    TrackThink: A tool for Tracking a Thought Process on Web Search,
    4th workshop on Ubiquitous Technologies for Augmenting the Human Mind (WAHM 2017), Sept. 2017.
  5. Akpro Elder H. Akpa, Edith Talina Luhanga, Takata Masashi, Ko Watanabe and Keiichi Yasumoto:
    Smart Gyms Need Smart Mirrors: Design of A Smart Gym Concept through Contextual Inquiry,
    2nd International Workshop on Intelligent Personal Support of Human Behavior (SmartGuidance’ 17), Sept. 2017.
  6. Manato Fujimoto:
    Smart Sensing for Automatic Care Report Generation in Day Care Center,
    2017 International Workshop on Smart Info-Media System in Asia (SISA 2017), Sept. 2017.
  7. Shogo Maenaka, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    Recommending Optimal Route for Walking Support based Heart Rate Prediction,
    The Second International Workshop on Smart Sensing Systems (IWSSS’17), Aug. 2017.
  8. Masato Hidaka, Yuki Matsuda, Shogo Kawanaka, Yugo Nakamura, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    A System for Collecting and Curating Sightseeing Information toward Satisfactory Tour Plan Creation,
    The Second International Workshop on Smart Sensing Systems (IWSSS’17), Aug. 2017.
  9. Yuko Hirabe, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, Hirohiko Suwa, and Keiichi Yasumoto:
    Effect on Group Detection Based on Human Proximity for Human Relationship Extraction in Daily Life,
    International Workshop on Applications of Wireless Ad hoc and Sensor Networks (AWASN’ 17), Aug. 2017.
  10. Yuta Takahashi, Teruhiro Mizumoto:
    An Identification Method of IR Signals to Collect Control Logs of Home Appliances,
    2nd International Conference on Big Data, Cloud Computing, and Data Science Engineering (BCD 2017), July. 2017.
  11. Yutaka Arakawa:
    Empirical Research on Behavior Change promoted by Information Technology,
    The 16th ACM/IEEE International Conference on Information Processing in Sensor Networks(IPSN 2017), April 18-21, 2017.
  12. Teruo Higashino, Hirozumi Yamaguchi, Akihito Hiromori, Akira Uchiyama and Keiichi Yasumoto:
    Edge Computing and IoT Based Research for Building Safe Smart Cities Resistant to Disasters,
    Proceedings of 37th IEEE International Conference on Distributed Computing Systems (ICDCS 2017), 2017.
  13. Kazuki Moriya, Eri Nakagawa, Manato Fujimoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Aki Kimura, Satoko Miki, and Keiichi Yasumoto:
    Daily Living Activity Recognition with ECHONET Lite Appliances and Motion Sensors
    First International Workshop on Mobile and Pervasive Internet of Things (PerIoT 2017), 2017.
  14. Eri Nakagawa, Kazuki Moriya, Hirohiko Suwa, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    Toward Real-Time In-Home Activity Recognition Using Indoor Positioning Sensor and Power Meters
    The First International Workshop on Pervasive Smart Living Spaces (PerLS 2017), 2017.
  15. Konan Cedric, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    EmoBGM: estimating sound’s emotion for creating slideshows with suitable BGM
    1st Workshop on emotion awareness for pervasive computing with mobile and wearable devices (EmotionAware 2017), 2017.
  16. Ryota Koshiba, Yuko Hirabe, Manato Fujimoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    Group Detection Based on User-to-User Distance in Everyday life for Office Lunch Group Recommendation
    The 5th International Workshop on Collaborative Enterprise Systems (COLLABES-2017), 2017.
  17. Yukitoshi Kashimoto, Masashi Fujiwara, Manato Fujimoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    ALPAS: Analog-PIR-sensor-based Activity Recognition System in Smarthome
    The 31st IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2017), 2017.
  18. Yukitoshi Kashimoto, Tatsuya Morita, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, Hirohiko Suwa, Keiichi Yasumoto:
    Sensing Activities and Locations of Senior Citizens toward Automatic Daycare Report Generation
    The 31st IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2017), 2017.

国内ワークショップ・シンポジウム・研究会

  1. 梅木寿人,中村優吾,水本旭洋,藤本まなと,諏訪博彦,荒川豊,安本慶一:
    混雑情報を考慮した災害発生時の避難場所決定手法に関する一検討,
    第25回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2017),北海道,2017年10月.(発表予定)
  2. 金谷勇輝, 中村優吾, 諏訪博彦, 荒川豊, 安本慶一:
    観光動画キュレーションの実現に向けたハイライト抽出手法の検討,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.(発表予定)
  3. 高田将志, 荒川豊, 安本慶一:
    効果的なパーソナルワークアウトに向けたウェアラブルデバイスによる種別認識の検討,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.(発表予定)
  4. 永野一馬, 荒川豊, 安本慶一:
    Web検索時の思考プロセスの形式化に向けた解析手法の検討,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.(発表予定)
  5. 徳田博行, 高橋雄太, 音田恭宏, 金谷勇輝, 荒川豊, 安本慶一:
    アイウェアによる集中力センシングに基づいた行動変容誘発システムの設計,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.(発表予定)
  6. 佐々木渉,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    スマートホームにおける個人行動モデルを使用した行動予測手法の検討,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.(発表予定)
  7. 高城賢大,高橋雄太,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    コールセンタにおけるヘッドモーションセンシングによるストレス検知システムの検討,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.(発表予定)
  8. 渡邊洸,高城賢太,高橋雄太,音田恭宏,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    内的活性度の振り返りを支援するための生体情報を含むキャンパスライフログシステムの設計,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.(発表予定)
  9. 張志華,高橋雄太,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    行動変容を誘発するためのインタラクティブサイネージの検討,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.(発表予定)
  10. 高橋雄太,音田恭宏,藤本まなと,荒川豊:
    歩行リハビリ支援のためのセンサ装着杖を介した歩行動作認識手法の提案,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2017)シンポジウム,北海道,2017年6月.
  11. 河中祥吾,松田裕貴,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    スマートフォンで撮影した近接群衆画像からの混雑度推定手法に関する一検討,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2017)シンポジウム,北海道,2017年6月.
  12. 松田裕貴,河中祥吾,諏訪博彦,荒川豊,安本慶一:
    ユーザ参加型センシングの割り込みに対する応答性調査 〜時空間データとタスク難易度およびユーザ属性による考察〜,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2017)シンポジウム,北海道,2017年6月.
  13. 雨森千周,水本旭洋,荒川豊,安本慶一:
    WHOQOL-BREFに基づくHRQOL評価におけるスマートデバイスを用いた簡易計測手法の提案,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2017)シンポジウム,北海道,2017年6月.
  14. 水本旭洋,Pattamasiriwat Krita,荒川豊,安本慶一:
    時間関連特徴量の追加による宅内行動推定精度の改善
    第83回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL)研究会,北谷美浜メディアステーション,沖縄県,2017年6月.(発表予定)
  15. 秦恭史,諏訪博彦,岸本康成,藤原靖宏,新井淳也,飯田恭弘,岩村相哲,鳥海不二夫,安本慶一:
    東日本大震災におけるクラスタリングに基づく情報拡散度の比較
    第31回人工知能学会全国大会,愛知,2017年5月.
  16. 荒川周造,諏訪博彦,小川祐樹,荒川豊,安本慶一,太田敏澄:
    暗黙知センシングに基づいた飲食店向き不動産店舗の賃料推定
    第31回人工知能学会全国大会,愛知,2017年5月.
  17. 荒川豊:
    行動変容によるサステイナブルな乗り捨て型カーシェアシステムの実現に向けて
    電子情報通信学会2017年総合大会,名城大学 天白キャンパス,名古屋市,2017年3月.
  18. 水本旭洋,高橋雄太,前田直樹,安本慶一:
    未知の家電制御信号に適応可能な対話型家電操作ログ収集システムの提案
    情報処理学会 第79回全国大会,名古屋大学 東山キャンパス,愛知,2017年3月.
  19. 梅木寿人,藤原聖司,荒川豊,諏訪博彦,安本慶一:
    省電力アンビエントセンシングの実現に向けたエナジーハーベスティング技術に関する調査
    情報処理学会 第79回全国大会,名古屋大学 東山キャンパス,愛知,2017年3月.
  20. 森田達弥,藤原聖司,荒川豊,諏訪博彦,安本慶一:
    大規模屋内空間の効率良い計測に向けた小型・省電力アンビエントセンサの設計開発
    情報処理学会 第79回全国大会,名古屋大学 東山キャンパス,愛知,2017年3月.
  21. 藤原聖司,梅木寿人,森田達弥,荒川豊,諏訪博彦,安本慶一:
    省電力なセンサとエッジノードの協調分散処理による消費電力の調査
    情報処理学会 第79回全国大会,名古屋大学 東山キャンパス,愛知,2017年3月.
  22. 音田恭宏,水本旭洋,荒川周造,小花光広(岡村製作所),中島千尋(岡村製作所),上西基弘(岡村製作所),荒川豊,安本慶一:
    着座姿勢に基づくワークプレイスの高機能化の検討
    情報処理学会 第79回全国大会,名古屋大学 東山キャンパス,愛知,2017年3月.
  23. 金平卓也,荒川豊,安本慶一:
    不完全なPOI名称に対する機械学習によるカテゴリ推定手法
    情報処理学会 第79回全国大会,名古屋大学 東山キャンパス,愛知,2017年3月.
  24. 金平卓也,荒川豊,安本慶一:
    マイマップによる類似マイマップ検索システムの提案と実装
    第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017),高山グリーンホテル,岐阜県,2017年3月.
  25. 秦恭史,諏訪博彦,岸本康成(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),藤原靖宏(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),新井淳也(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),飯田恭弘(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),岩村相哲(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),鳥海不二夫(東京大学),安本慶一:
    ソーシャルネットワークのグラフマイニング,
    ビッグデータ分析技術ワークショップ〜大規模グラフマイニング技術と応用〜,高山市民文化会館,岐阜,2017年3月.
  26. 日高真人,松田裕貴,河中祥吾,中村優吾,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    実時間観光コンテンツ提供に向けた観光情報収集・キュレーションシステムの提案
    第68回高度交通システムとスマートコミュニティ研究発表会,公立はこだて未来大学,北海道,2017年3月.
  27. 中村優吾,水本旭洋,諏訪博彦,荒川豊,山口弘純(大阪大),安本慶一:
    IoTデータ流の実時間処理を実現するIoTデバイス向け分散処理ミドルウェアの設計と評価,
    第82回モバイルコンピューティングとパーペイシブシステム研究会,東京大学 本郷キャンパス,東京都,2017年3月.
  28. 河中祥吾,高橋雄太,雨森千周,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    自転車競技向け参加型位置共有システムにおけるBLEビーコンの出力変化による捕捉率の影響,
    第82回モバイルコンピューティングとパーペイシブシステム研究会,東京大学 本郷キャンパス,東京都,2017年3月.
  29. 千住琴音,水本旭洋,荒川豊,安本慶一:
    ワンウェイ方式カーシェアリングにおける利用者へのトリップ依頼による車両偏在削減手法の提案,
    社会システムと情報技術研究ウィーク in ルスツリゾート ,ルスツリゾートホテル,北海道,2017年3月.
  30. 秦恭史,諏訪博彦,岸本康成(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),藤原靖宏(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),新井淳也(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),飯田恭弘(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),岩村相哲(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),鳥海不二夫(東京大学),安本慶一:
    クラスタリングに基づく東日本大震災前後の情報拡散度の比較,
    社会システムと情報技術研究ウィーク in ルスツリゾート ,ルスツリゾートホテル,北海道,2017年3月.
  31. 荒川周造,諏訪博彦,小川祐樹(立命館大学),荒川豊,安本慶一,太田敏澄:
    暗黙知に基づく飲食店用不動産物件の賃料推定システム,
    社会システムと情報技術研究ウィーク in ルスツリゾート,ルスツリゾートホテル,北海道,2017年3月.
  32. 松田 裕貴,Akpa Akpro Elder Hippocrate,Konan N’djabli Cedric Ange,中村 優吾,前田 直樹,千住 琴音,荒川 豊:
    位置情報サービスにおける個人特化型ゲーミフィケーション 〜スタンプラリーイベントを通じた「慣れ」「飽き」の調査〜,
    社会システムと情報技術研究ウィーク in ルスツリゾート,ルスツリゾートホテル,北海道,2017年3月.
  33. 音田恭宏,水本旭洋,荒川周造,小花光広(岡村製作所),中島千尋(岡村製作所),上西基弘(岡村製作所),荒川豊,安本慶一:
    椅子に装着したモーションセンサを用いた着座姿勢推定手法,
    電子情報通信学会 ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会,大濱信泉記念館(石垣島),2017年3月02-03.
  34. 荒川周造,諏訪博彦,小川祐樹(立命館大学),荒川豊,安本慶一,太田敏澄:
    潜在的情報を用いた飲食店用不動産賃料推定モデル,
    第23回社会情報システム学シンポジウム,電気通信大学,東京都,2017年2月.
  35. 秦恭史,諏訪博彦,岸本康成(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),藤原靖宏(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),新井淳也(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),飯田恭弘(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),岩村相哲(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),鳥海不二夫(東京大学),安本慶一:
    東日本大震災におけるクラスタリングに基づく重要アカウントの発見,
    社会情報システム学研究会 第23回社会情報システム学シンポジウム,電気通信大学,東京都,2017年2月.
  36. 荒川豊,諏訪博彦,安本慶一:
    網内省電力データプロセシング技術の研究開発について,
    電子情報通信学会ASN研究会,大分・別府,2017年1月19−20日.
  37. 木戸勇太,雨森千周,藤原聖司,音田恭宏,水本旭洋,安本慶一:
    ユーザの嗜好に合わせた調味料の分量調整支援に向けたスマート調味料入れの開発,
    第169回マルチメディア通信と分散システム(DPS)研究会,リフレッツ勝浦 (旧 富士通ヴィラ勝浦),千葉県,2017年1月19−20日.

受賞

  1. 情報処理学会 第79回全国大会 学生奨励賞: 森田達弥:大規模屋内空間の効率良い計測に向けた小型・省電力アンビエントセンサの設計開発
  2. 情報処理学会 第79回全国大会 学生奨励賞: 金平卓也:不完全なPOI名称に対する機械学習によるカテゴリ推定手法

コンテストでの受賞

  1. 第5回学生スマートフォンアプリコンテスト 「最優秀賞」: 佐々木 渉, 米岡 尚樹: 加速度アプリ
  2. 第5回学生スマートフォンアプリコンテスト 「アイデア賞」: 米岡尚樹: クソ脳トレ
  3. SPAJAM2017 本戦 「ファイナリスト賞」: 高橋雄太,音田恭宏,高城賢大,米岡尚樹,松田裕貴: 〜 #彼女とデートなうに使うよ ~
  4. SPAJAM2017 大阪予選 「優秀賞」: 高橋雄太,音田恭宏,高城賢大,米岡尚樹,松田裕貴: ゆれぽいんと ~ユーザ参加型センシングを用いた揺れの事前通知アプリ~
  5. IKOMA Civic Tech Award アプリ部門 最優秀賞: 河中 祥吾: 4919 for IKOMA
  6. IKOMA Civic Tech Award アプリ部門 生駒の未来市民賞: 河中 祥吾: 4919 for IKOMA

招待講演

平成28年(2016年)

学術論文誌

  1. Aryan Firouzian, Yukitoshi Kashimoto(NAIST), Zeeshan Asghar, Niina Keranen, Goshiro Yamamoto, Petri Pulli:
    Twinkle Megane: Near-Eye LED Indicators on Glasses for Simple and Smart Navigation in Daily Life
    ,
    eHealth 360°, pp. 17-22, 2016.
  2. 宵憲治,Khaled El-Fakih ,安本慶一:
    目標温湿度環境への遷移を最小コストで実現する家電制御システム
    情報処理学会論文誌コンシューマ・デバイス&システム(CDS), Vol. 6, No. 1, pp. 44-51, May 2016.
  3. Muhammad Ashar, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Priority medical image delivery using DTN for healthcare workers in volcanic emergency
    ,
    Scientific Phone Apps and Mobile Devices, 13 pages, 2016.
  4. Kazuki Fujisawa, Yuko Hirabe, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Automatic Live Sport Video Streams Curation System from User Generated Media,
    International Journal of Multimedia Data Engineering and Management (IJMDEM) 7(2), 36-52, 2016.
  5. 石原 裕規, 諏訪 博彦, 鳥海 不二夫, 太田 敏澄:
    東日本大震災前後における重要アカウントの抽出とコミュニケーション形態の変容
    電子情報通信学会論文誌 D Vol.J99-D,No.5.
  6. 赤池 勇磨, 荒川 豊, 諏訪 博彦, 安本 慶一:
    参加型センシングの効率化に向けたコンテキストに基づく応答時間の推定
    情報処理学会論文誌, Vol.57, No.2, pp.543–552 (Feb. 2016).
  7. 上田 健揮, 玉井 森彦, 荒川 豊, 諏訪 博彦, 安本 慶一:
    ユーザ位置情報と家電消費電力に基づいた宅内生活行動認識システム
    情報処理学会論文誌, Vol.57, No.2, pp.416–425 (Feb. 2016).
  8. 前中 省吾, 森下 慈也, 永田 大地, 玉井 森彦, 安本 慶一, 福倉 寿信, 佐藤 啓太:
    桜センサ:車載スマートフォンを用いた桜開花状況の収集・共有システム
    情報処理学会論文誌, Vol.57, No.2, pp.629–642 (Feb. 2016).
  9. 松田 裕貴, 新井イスマイル, 荒川 豊, 安本 慶一:
    スマートフォン搭載照度センサの個体差に対応した夜道における街灯照度推定値校正手法の提案
    情報処理学会論文誌, Vol.57, No.2, pp.520–531 (Feb. 2016).
  10. Keiichi Yasumoto, Hirozumi Yamaguchi, Hiroshi Shigeno:
    [Invited Paper] Survey of Real-time Processing Technologies of IoT Data Streams,
    Journal of Information Processing, Vol.24, No.2, pp.195-202 (Feb. 2016).
  11. Yutaka Arakawa, Yuki Matsuda:
    [Invited Paper] Gamification mechanism for enhancing a participatory urban
    sensing: survey and practical results
    ,
    Journal of Information Processing, Vol.24, No.1, pp.31-38 (Jan. 2016).

国際会議

  1. Yukitoshi Kashimoto, Tatsuya Morita, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, Hirohiko Suwa, Keiichi Yasumoto:
    Implementation and Evaluation of Daycare Report Generation System based on BLE Tag
    15th International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia (MUM 2016), poster, 2016.
  2. Sabine Hoffmann, Helga Tauscher, Andreas Dengel, Shoya Ishimaru, Sheraz Ahmed, Jochen Kuhn, Carina Heisel, Yutaka Arakawa:
    Sensing thermal stress at office workplaces
    The Fifth International Conference on Human-Environment System (ICHES 2016), 2016.
  3. Eri Nakagawa, Kazuki Moriya, Hirohiko Suwa, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, Toshiyuki Hatta, Shotaro Miwa, Keiichi Yasumoto:
    Investigating recognition accuracy improvement by adding user’s acceleration data to location and power consumption-based in-home activity recognition system
    The 2016 International Workshop On Mobile Ubiquitous Systems, Infrastructures, Communications, And AppLications (MUSICAL 2016), 2016.
  4. Edgar Marko Trono, Manato Fujimoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Milk Carton: Family Tracing and Reunification System using Face Recognition over a DTN with Deployed Computing Nodes,
    The 2016 International Workshop on Information Flow of Things (IFoT 2016), 2016.
  5. Yukitoshi Kashimoto, Kyoji Hata, Hirohiko Suwa, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, Takeya Shigezumi, Kunihiro Komiya, Kenta Konishi, Keiichi Yasumoto:
    Low-cost and Device-free Activity Recognition System with Energy Harvesting PIR and Door Sensors,
    The 2016 International Workshop on Information Flow of Things (IFoT 2016), 2016.
  6. Yugo Nakamura, Takuya Kanehira, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    SenStick 2: ultra tiny all-in-one sensor with wireless charging(DEMO),
    The ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2016), 2016.
  7. Naoki Maeda, Yuko Hirabe, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    COSMS : Unconscious Stress Monitoring System for Office Worker(DEMO),
    The ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2016), 2016.
  8. Yugo Nakamura, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    Smart Experiment Platform for Wearable Computing,
    First Workshop on Eye Wear Computing collocated with ISWC/UbiComp (EYEWEAR 2016), 2016.
  9. Seiya Chihara, Bin Sun, Sho Tatsukawa, Tomotaka Wada(Kansai Univ.), Manato Fujimoto(NAIST), and Kouichi Mutsuura(Shinshu Univ.):
    A New Combination Method of RFID and Geomagnetic Sensor for Indoor Navigation,
    7th International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation (IPIN 2016), Work in Progress (WIP), 2016.
  10. Yukitoshi Kashimoto, Manato Fujimoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    Floor vibration type estimation with piezo sensor toward indoor positioning system,
    7th International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation (IPIN 2016), 2016.
  11. Kazuki Moriya, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    Indoor Localization based on Distance-illuminance Model and Active Control of Lighting Devices,
    7th International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation (IPIN 2016), 2016.
  12. Edith Luhanga, Elder Akpa, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    Towards Proactive Food Diaries: A Participatory Design Study,
    1st International Workshop on Intelligent Personal Guidance of Human Behavior Utilizing Anticipatory Models (Smarticipation2016), 2016.
  13. Edith Talina Luhanga, Akpa Akpro Elder Hippocrate, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    HappyInu: Exploring how to use games and extrinsic rewards for consistent food tracking behavior,
    2016 Ninth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2016), 2016.
  14. Yugo Nakamura, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    SenStick: A Rapid Prototyping Platform for Sensorizing Things,
    2016 Ninth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2016), 2016.
  15. Yuki Matsuda, Takashi Hasegawa, Ismail Arai, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    WaistonBelt 2: A Belt-type Wearable Device for Monitoring Abdominal Circumference, Posture and Activity,
    2016 Ninth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2016), 2016.
  16. Manato Fujimoto, Seigi Matsumoto, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    RecurChat: BLE-based Message Forwarding System with On-Site Application Distribution,
    2016 Ninth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2016), 2016.
  17. Toshiki Yamasaki, Tomohiro Kitamura, Ken Komaki, Koki Matsumoto, Tomotaka Wada(Kansai Univ.), Manato Fujimoto(NAIST), and Kazuhiro Ohtsuki(Kobe Univ.):
    Development of Prototype System Using iOS Terminals for Emergency Rescue Evacuation Support System (ERESS),
    International Workshop on Applications of Wireless Ad hoc and Sensor Networks (AWASN 2016), 2016.
  18. Manato Fujimoto, Seigi Matsumoto, Yutaka Arakawa, Hirohiko Suwa, and Keiichi Yasumoto:
    Development of BLE-based Multi-Hop Communication System for Detecting Slope Failure Using Smartphones,
    International Workshop on Applications of Wireless Ad hoc and Sensor Networks (AWASN 2016), 2016.
  19. Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto, Kenichi Matsumoto, Hideaki Hata, Hirohiko Suwa, Akihiro Ihara, and Manato Fujimoto:
    Project IS^3 : Incentive-based Intelligent Intervention for Smart and Sustainable Society,
    5th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics(IIAI AAI 2016), 2016.
  20. Aryan Firouzian, Yukitoshi Kashimoto(NAIST), Goshiro Yamamoto, Niina Keranen, Zeeshan Asghar, and Petri Pulli:
    Near-Eye LED Indicators on Glasses for Simple and Smart Navigation in Daily Life,
    EAI International Conference on IoT and Big Data Technologies for HealthCare 2016 (IoTCare 2016), 2016.
  21. Y. Nakamura, H. Suwa, Y. Arakawa, H. Yamaguchi, K. Yasumoto:
    Middleware for Proximity Distributed Real-time Processing of IoT Data Flows,
    The 36th IEEE International Conference on Distributed Computing Systems (ICDCS 2016), Demo, 2016.
  22. M. Trono, M. Fujimoto, H. Suwa, Y. Arakawa, K. Yasumoto:
    Milk Carton: A Face Recognition-based FTR system using Opportunistic Clustered Computing,
    The 36th IEEE International Conference on Distributed Computing Systems (ICDCS 2016), Demo, 2016.
  23. Y. Nakamura, H. Suwa, Y. Arakawa, H. Yamaguchi, K. Yasumoto:
    Design and Implementation of Middleware for IoT Devices toward Real-Time Flow Processing,
    The 1st Workshop on Edge Computing (WEC 2016), 2016.
  24. K. Komai, M. Fujimoto, Y. Arakawa, H. Suwa, Y. Kashimoto, K. Yasumoto:
    Elderly Person Monitoring in Day Care Center using Bluetooth Low Energy,
    10th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT’16), 2016.
  25. Elder Akpa Akpro Hippocrate, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Food Weight Estimation using Smartphone and Cutlery,
    Proceedings of the First Workshop on IoT-enabled Healthcare and Wellness Technologies and Systems (IoT of Health ’16), Singapore, June 23-30, 2016.
  26. Elder Akpa Akpro Hippocrate, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Calorie-Aware Food Recommendation System, ASSET Poster,
    The 14th ACM International Conference on Mobile Systems, Applications, and Services (MobiSys’16), Singapore, June 23-30, 2016.
  27. Yuki Matsuda, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Design and Evaluation of Participatory Mobile Sensing Platform for Diverse Sensing and Gamification Scenarios, ASSET Poster,
    The 14th ACM International Conference on Mobile Systems, Applications, and Services (MobiSys’16), Singapore, June 23-30, 2016.
  28. M. Trono, M. Fujimoto, H. Suwa, Y. Arakawa, M. Takai, K. Yasumoto:
    Disaster Area Mapping Using Spatially-Distributed Computing Nodes Across a DTN,
    International Workshop on the Impact of Human Mobility in Pervasive Systems and Applications (PerMoby 2016), pp.471–476, 2016.
  29. Y. Kashimoto, A. Firouzian, Z. Asghar, G. Yamamoto, P. Pulli:
    Twinkle Megane: Near-Eye LED Indicators on Glasses in Tele-Guidance for Elderly,
    First Workshop on Pervasive Technologies and Care Systems for Sustainable Aging-In-Place (PASTA 2016), pp.392–397, 2016.
  30. K. Komai, M. Fujimoto, Y. Arakawa, H. Suwa, Y. Kashimoto, K. Yasumoto:
    Beacon-Based Multi-Person Activity Monitoring System for Day Care Center,
    First Workshop on Pervasive Technologies and Care Systems for Sustainable Aging-In-Place (PASTA 2016), pp.427–432, 2016.
  31. Y. Hou, M. Fujimoto, H. Suwa, Y. Arakawa, J. Webber, K. Yano, S. Tsukamoto, T. Kumagai, M. Hatayama:
    A Proposal of Wireless Sensor Network System for Slope Failure Detection Using Smart Phones,
    The 2016 Vietnam-Japan International Symposium on Antennas and Propagation, 2016.
  32. M. Fujimoto, S. Matsumoto, J. N. Victorino, H. Suwa, Y. Arakawa, Y. Hou, J. Webber, K. Yano, S. Tsukamoto, M. Hatayama:
    Downhill: BLE-based Multi-Hop Communication Using Smartphones for Detecting Slope Failures ,
    The 17th International Workshop on Mobile Computing Systems and Applications (ACM HotMobile 2016), Demo, 2016.
  33. Y. Kashimoto, Y. Arakawa, K. Yasumoto:
    A floor plan creation tool utilizing a smartphone with an ultrasonic sensor gadget,
    to appear in IEEE CCNC 2016, 2016.
  34. T. Kanehira, Y. Arakawa, K. Yasumoto, T. Wada:
    CURAP: CURating Geo-Related Information on a mAP,
    to appear in 2016 IEEE Int’l. Conf. on Consumer Electronics (ICCE 2016), 2016.

国内ワークショップ・シンポジウム・研究会

  1. 河中祥吾,柏本幸俊,Firouzian Aryan(Oulu Univ), 荒川豊,Pulli Petri(Oulu Univ), 安本慶一:
    高齢者の自転車操作支援を目的としたスマートフォンによる接近 車両検知手法の提,
    情報処理学会 第81回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会,金沢湯桶温泉かなや,石川県,2016年12月.
  2. 高橋雄太,水本旭洋,荒川豊,安本慶一:
    労働生産性改善に向けたウェアラブル機器を用いた体調推定法の検討,
    情報処理学会 第81回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会,金沢湯桶温泉かなや,石川県,2016年12月.
  3. 千住琴音,水本旭洋,荒川豊,安本慶一:
    乗り捨て型カーシェアリングのトリップ成立数増加に向けた仮想的なトリップ追加の手法,
    情報処理学会 第67回高度交通システムとスマートコミュニティ研究会,金沢湯桶温泉かなや,石川県,2016年12月.
  4. 森田達弥,柏本幸俊,藤本まなと,荒川豊,諏訪博彦,安本慶一:
    デイケアセンタにおける業務支援のためのケアレポート自動作成システムの開発と評価,
    情報処理学会 第52回ユビキタスコンピューティングシステム・第170回 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会,筑波大学 筑波キャンパス,茨城県,2016年10月.
  5. 藤原聖司,柏本幸俊,藤本まなと,諏訪博彦,荒川豊,安本慶一:
    アナログ出力焦電型赤外線センサを活用したスマートホーム向け宅内行動認識,
    マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2016)講演論文集,プラザホテル山麓荘,秋田県,2016年10月.
  6. 孫斌,堀野真太郎(関西大),藤本まなと(奈良先端大),和田友孝(関西大),六浦光一(信州大):
    屋内ナビゲーションのためのiBeaconを用いた携帯端末の位置推定法,
    電子情報通信学会ソサイエティ大会,北海道大学,北海道,2016年9月.
  7. 雨森千周,水本旭洋,荒川豊,安本慶一:
    健康寿命予測システムの実現に向けたHRQOL簡易計測手法に関する一検討,
    2016年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2016年9月.
  8. 日高真人,中村優吾,荒川豊,安本慶一:
    実時間観光プランニングシステムのためのCGMのキュレーションの課題検討,
    2016年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2016年9月.
  9. 森田達弥,柏本幸俊,藤本まなと,荒川豊,諏訪博彦,安本慶一:
    宅内行動履歴自動生成に向けた加速度センサ内蔵BLEビーコンを用いた行動認識手法,
    2016年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2016年9月.
  10. 梅木寿人,中村優吾,水本旭洋,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    実時間雨量情報に基づく動的ハザードマップの検討,
    2016年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2016年9月.
  11. 河中祥吾,高橋雄太,雨森千周,藤本まなと,荒川豊(奈良先端大),藤原晶,福島徹也,松原敬信(シャープ株式会社):
    競技者の負担を軽減した参加型位置共有システムの提案と実装,
    第17回コンシューマ・デバイス&システム研究会(CDS),芝浦工業大学豊洲キャンパス,東京都,2016年8月.
  12. 八田俊之,三輪祥太郎(三菱電機),中川愛梨,守谷一希,諏訪博彦,藤本まなと,荒川豊,安本慶一(奈良先端大):
    トピックモデルに基づく宅内行動分析技術,
    第51回ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究会,大阪パナソニックワンダーラボ,大阪府,2016年8月.
  13. 藤本まなと,駒井清顕,荒川豊,諏訪博彦,柏本幸俊,安本慶一:
    デイケアセンターにおける高齢者の行動履歴自動生成システムの開発,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム,三重県,2016年7月.
  14. 藤本まなと,松本誠義,諏訪博彦,荒川豊,侯亜飛(奈良先端大),塚本悟司,ウエバージュリアン,矢野一人(ATR),畑山満則(京都大):
    Bluetooth Low Energyマルチホップ通信を用いた斜面崩壊予兆検知システムの実装と評価,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム,三重県,2016年7月.
  15. 荒川周造,諏訪博彦(奈良先端大),小川祐樹(立命館大),荒川豊,安本慶一(奈良先端大),太田敏澄(電通大):
    通行量センシングと機械学習に基づく飲食店用不動産賃料推定,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム,三重県,2016年7月.
  16. 柏本幸俊,秦恭史,諏訪博彦,藤本まなと,荒川豊(奈良先端大),繁住健哉,小宮邦裕,小西健太(ローム株式会社),安本慶一(奈良先端大):
    エナジハーベスト赤外線センサ・ドア開閉センサを活用したスマートホーム向け行動推定,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム,三重県,2016年7月.
  17. 柿木研人,諏訪博彦(奈良先端大),小川祐樹(立命館大),梅原英一(東京都市大),安本慶一(奈良先端大):
    インターネット株式掲示板における話題と株式指標の関係,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム,三重県,2016年7月.
  18. 松田裕貴,荒川豊,安本慶一:
    多様なユースケースに対応可能なユーザ参加型モバイルセンシング基盤の実装と評価,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム,三重県,2016年7月.
  19. 中村優吾,諏訪博彦,荒川豊(奈良先端大),山口弘純(大阪大) ,安本慶一(奈良先端大):
    観光案内向けCGMキュレーションのためのローカルIoTプラットフォームの提案,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム,三重県,2016年7月.
  20. 中川愛梨,守谷一希,諏訪博彦,藤本まなと,荒川豊(奈良先端大),八田俊之,三輪祥太郎(三菱電機),安本慶一(奈良先端大):
    位置・電力情報を基とした宅内行動認識システムへの居住者の加速度データの追加とその改善効果の調査,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム,三重県,2016年7月.
  21. 守谷一希,中川愛梨,諏訪博彦,藤本まなと,荒川豊(奈良先端大),木村亜紀,三木智子(三菱電機),安本慶一(奈良先端大):
    ECHONET Lite 対応家電を用いた宅内行動データの収集と分析,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム,三重県,2016年7月.
  22. 金平卓也,荒川豊,安本慶一:
    未訪問地域の類似マイマップ検索システムの提案と実装,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム,三重県,2016年7月.
  23. 小芝涼太,平部裕子,藤本まなと,諏訪博彦,荒川豊(奈良先端大),長沢忠郎,岡本昌和,奥田真也,瀧塚清孝(SHARP),安本慶一(奈良先端大):
    社内ランチグループ推薦のための日常生活におけるユーザ間距離に基づいたグループ検出,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム,三重県,2016年7月.
  24. 前田直樹,平部裕子, 荒川豊,安本慶一:
    オフィスワーカのための自然なストレスモニタリングシステムの提案と設計(Demo),
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2016)シンポジウム,三重県,2016年7月.
  25. 中村優吾(奈良先端大),Tony Shi(Unitec),諏訪博彦,荒川豊(奈良先端大),山口弘純(大阪大),安本慶一(奈良先端大):
    ローカル環境での効果的な動画像解析を実現する分散処理システムの提案,
    情報処理学会 第79回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL)研究会,沖縄産業支援センター,沖縄県,2016年5月.
  26. 中川愛梨,守谷一希,諏訪博彦,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    異なる家具配置に対応可能なリアルタイム行動認識システム開発のためのデータ収集と分析,
    情報処理学会 第79回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL)研究会,沖縄産業支援センター,沖縄県,2016年5月.
  27. 平部裕子,荒川周造,荒川豊,安本慶一:
    スマートフォンアプリに起因するトラヒックの分析とZigbeeを利用したIoT機器の通信に対する影響調査,
    情報処理学会 第79回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL)研究会,沖縄産業支援センター,沖縄県,2016年5月.
  28. 中村優吾,森下滋也,前中省吾,安本慶一(奈良先端大),福倉寿信,佐藤啓太,清原博文(デンソー):
    価値共創キュレーションシステムの実現向けて −ICT による新しい価値創造に向けた取り組み−,
    サービス学会 第4回 国内大会学会,2016年3月28-29日.
  29. 中村優吾,前中省吾,森下滋也,安本慶一(奈良先端大),福倉寿信,佐藤啓太,清原博文(デンソー):
    価値共創キュレーションシステムの構想 ~会員制タクシーの会話支援を実例とした概念設計~,
    情報処理学会 第78回全国大会,2016年3月10-12日.
  30. 前田直樹,荒川豊,安本慶一:
    顔認識カメラを備えた移動式コミュニケーション誘発システムの提案と実装,
    情報処理学会 第78回全国大会,2016年3月10-12日.
  31. 矢野一人,塚本悟司,ウエバージュリアン,熊谷智明(ATR),侯亜飛,藤本まなと,諏訪博彦,荒川豊(奈良先端大),畑山満則(京都大):
    無線LAN/Bluetooth混在マルチホップセンサネットワークの自律的構築および情報のプロパティに応じた優先制御,
    電子情報通信学会無線通信システム研究会, 東京工業大学,東京都,2016年3月.
  32. 塚本悟司,ウエバージュリアン,矢野一人,熊谷智明(ATR),侯亜飛,藤本まなと,諏訪博彦,荒川豊(奈良先端大):
    無線LAN・Bluetooth混在型マルチホップネットワークシステム
    電子情報通信学会総合大会,九州大学,福岡県,2016年3月.
  33. 荒川周造,諏訪博彦,小川祐樹,荒川豊,安本慶一:
    通行量センサを用いた飲食店用不動産賃料推定システムの提案,
    WSSIT2016 社会システムと情報技術研究ウィーク in ルスツ,ルスツリゾートホテル,北海道,2016年3月1-4日.
  34. 河村一輝,諏訪博彦,小川祐樹,荒川豊,安本慶一:
    飲食店向け不動産営業を支援する申込み顧客推薦システムの評価
    WSSIT2016 社会システムと情報技術研究ウィーク in ルスツ,ルスツリゾートホテル,北海道,2016年3月1-4日.
  35. 諏訪博彦,松本誠義,藤本まなと,荒川豊,侯亜飛(奈良先端大),塚本悟司,ウエバージュリアン,矢野一人(ATR),畑山満則(京都大):
    中古スマホによる斜面崩壊検出センサネットワーク構築
    第22回社会情報システム学シンポジウム,4 pages,東京都調布市,2016年1月22日.

学術発表での受賞

  1. 第15回 2016年度 情報処理学会関西支部支部大会 支部大会奨励賞: 梅木寿人:実時間雨量情報に基づく動的ハザードマップの検討
  2. 第15回 2016年度 情報処理学会関西支部支部大会 支部大会奨励賞: 雨森千周:健康寿命予測システムの実現に向けた簡易HRQOL計測手法に関する一検討
  3. 第15回 2016年度 情報処理学会関西支部支部大会 学生優秀発表賞: 森田達弥:宅内行動履歴自動生成に向けた加速度センサ内臓BLEビーコンを用いた行動認識手法
  4. 第81回MBL研究会・第67回ITS研究会 奨励発表賞: 河中祥吾: 高齢者の自転車操作支援を目的としたスマートフォンによる接近車両検知手法の提案
  5. 第81回MBL研究会・第67回ITS研究会 Work in Progress奨励賞: 高橋雄太: 労働生産性改善に向けたウェアラブル機器を用いた体調推定法の検討
  6. 第81回MBL研究会・第67回ITS研究会 Work in Progress奨励賞: 千住琴音: 乗り捨て型カーシェアリングのトリップ成立数増加に向けた仮想的なトリップ追加の手法
  7. UbiComp/ISWC 2016 ベストデモ賞: 中村優吾:SenStick 2: ultra tiny all-in-one sensor with wireless charging
  8. DICOMO 2016 優秀論文賞: 松田裕貴:多様なユースケースに対応可能なユーザ参加型モバイルセンシング基盤の実装と評価
  9. DICOMO 2016 優秀論文賞: 柿木研人:インターネット株式掲示板における話題と株式指標の関係
  10. DICOMO 2016 最優秀発表賞: 松田裕貴:多様なユースケースに対応可能なユーザ参加型モバイルセンシング基盤の実装と評価
  11. DICOMO 2016 優秀発表賞: 柏本幸俊:エナジハーベスト赤外線センサ・ドア開閉センサを活用したスマートホーム向け行動推定
  12. DICOMO 2016 ヤングリサーチャー賞: 柿木研人:インターネット株式掲示板における話題と株式指標の関係
  13. DICOMO 2016 ヤングリサーチャー賞: 荒川周造:通行量センシングと機械学習に基づく飲食店用不動産賃料推定
  14. DICOMO 2016 ヤングリサーチャー賞: 中村優吾:観光案内向けCGMキュレーションのためのローカルIoTプラットフォームの提案
  15. DICOMO 2016 ヤングリサーチャー賞: 中川愛梨:位置・電力情報を基とした宅内行動認識システムへの居住者の加速度データの追加とその改善効果の調査
  16. DICOMO 2016 ヤングリサーチャー賞: 小芝涼太:社内ランチグループ推薦のための日常生活におけるユーザ間距離に基づいたグループ検出
  17. DICOMO 2016 野口賞(デモンストレーション賞:3位):前田直樹:オフィスワーカのための自然なストレスモニタリングシステムの提案と設計
  18. DICOMO 2016 テクニカルナイトセッション優秀発表賞(2位):松田裕貴、中村優吾、金平卓也、荒川周造、守谷一希、小芝涼太: 個人情報保護のための焦電型赤外線センサ検知回避法の実践的検証
  19. 情報処理学会2015年度論文賞: Weihua Sun, Naoki Shibata, Masahiro Kenmotsu, Keiichi Yasumoto, Minoru Ito: A Method for Navigating Cars in Multilevel Parking Facility
  20. 情報処理学会学会活動貢献賞: 安本慶一: 「論文誌への査読貢献」
  21. IPSJ SIG-MBL: 2016 優秀発表・奨励発表 : 中川愛梨 : 異なる家具配置に対応可能なリアルタイム行動認識システム開発のためのデータ収集と分析
  22. IPSJ SIG-MBL: 2016 優秀発表・奨励発表 : 中村優吾 : ローカル環境での効果的な動画像解析を実現する分散処理システムの提案
  23. NAIST情報科学研究科 最優秀学生賞: 松田 裕貴
  24. ISMICT 2016 学生研究奨励賞: 駒井清顕:Elderly Person Monitoring in Day Care Center using Bluetooth Low Energy
  25. 情報処理学会 全国大会 学生奨励賞: 中村優吾 : 価値共創キュレーションシステムの構想 ~会員制タクシーの会話支援を実例とした概念設計~
  26. 情報処理学会 全国大会 学生奨励賞: 前田直樹 : 顔認識カメラを備えた移動式コミュニケーション誘発システムの提案と実装

コンテストでの受賞

  1. チャレンジ!!オープンガバナンス 2016 「ファイナリスト賞」 : 松田裕貴,河中祥吾: ParmoSense – 観光客の「楽しい」をシェアするプラットフォーム
  2. TechUP Makers 「グランプリ」: 高橋雄太,音田恭宏: リハビリ支援のためのIoTデバイス『UbiCane』
  3. TechUP Makers 「沖電気工業賞」: 木戸勇太,千住琴音,梅木寿人,藤原聖司,雨森千周,高橋雄太: 喫煙回数を減らすための支援アプリ「たばこっち」
  4. 第3回 ビジネスモデル発見&発表会 全国大会 「光賞」: 中村優吾,松田裕貴: ベルト型健康支援IoTデバイス WAISTON Belt
  5. 第3回 ビジネスモデル発見&発表会 近畿大会 「キャンパス部門最優秀賞」: 中村優吾,松田裕貴: ベルト型健康支援IoTデバイス WAISTON Belt
  6. 第3回 ビジネスモデル発見&発表会 近畿大会 「最優秀特別賞」: 中村優吾,松田裕貴: ベルト型健康支援IoTデバイス WAISTON Belt
  7. 第3回 ビジネスモデル発見&発表会 近畿大会 「アイ・オー・データ賞」: 木戸勇太,藤原聖司,高橋雄太: タバコミュニティ
  8. e-ZUKA スマートフォン アプリコンテスト 2016 「優秀技術賞(ハウインターナショナル賞)」: 木戸勇太,千住琴音,梅木寿人,藤原聖司,雨森千周,高橋雄太: Tobaccotchi
  9. e-ZUKA スマートフォン アプリコンテスト 2016 「IDCフロンティア賞」: 木戸勇太,千住琴音,梅木寿人,藤原聖司,雨森千周,高橋雄太: Tobaccotchi
  10. 深游记 2016 「一帯一路」 Asian Makers’ Camp: Make with Shenzhen 「2nd prize」: 中村優吾: Ultra tiny sensor board “SenStick”
  11. 深游记 2016 「一帯一路」 Asian Makers’ Camp: Make with Shenzhen 「3rd prize」: 松田裕貴: Belt-attached IoT Device “WAISTON Belt”
  12. 第5回 超異分野学会 関西大会 「特別賞」: 中村優吾, 松田裕貴: ベルト装着型自動腹囲測定ウェアラブルデバイス「おなかのげんじつ」

招待講演

  1. 荒川豊:Milk Carton: 分散型顔認識処理に基づく安否情報伝搬システム,
    第9回DTNとその未来に関するワークショップ(2016-12-09~10).
  2. 荒川豊:スマートハウスからスマートシティへ ~奈良先端大学学内のスマートシティ実験と近隣自治体との共同研究から~,
    一般社団法人ブロードバンド推進協議会・利活用部会主催の第8回研究会(2016-11-14).
  3. 荒川豊:センサを用いた行動認識と情報に基づく行動変容に関する研究,
    電子情報通信学会CS研究会主催CSワークショップ2016(2016-11-09~11).
  4. 荒川豊:行動変容を組み込んだ社会システムの実現に向けて,
    PM学会関西支部・平成28年度秋季シンポジウム(2016-10-21).
  5. 安本慶一:IoT技術がもたらすスマート社会
    IEEE EDS関西チャプタ主催 DL講演会(2016-09-01).
  6. Keiichi Yasumoto:Sensing and Understanding Humans, Homes and Cities
    SFB Transregio 62 Kolloquien 2016, University of Ulm (2016-08-01).

平成27年(2015年)

学術論文誌

  1. Weihua Sun, Naoki Shibata, Masahiro Kenmotsu, Keiichi Yasumoto, Minoru Ito:
    A Method for Navigating Cars in Multilevel Parking Facility, Journal of Information Processing, Vol.23, No.4, pp.488–496.
  2. 米田純,荒川豊,玉井森彦,安本慶一:
    高精度屋内位置情報を利用した直感的な家電操作手法の提案と実装
    情報処理学会論文誌コンシューマ・デバイス&システム,Vol.5,No.1,pp.30–37,2015.
  3. Nuttapoom Amornpashara, Yutaka Arakawa, Morihiko Tamai, and Keiichi Yasumoto:
    Phorec: Context-Aware Photography Support System based on Social Data Analysis
    Journal of Information Processing, Vol.23, No.3, pp.373–380.

国際会議

  1. K. Fujisawa, Y. Hirabe, H. Suwa, Y. Arakawa, K. Yasumoto:
    Automatic Content Curation System for Multiple Live Sport Video Streams,
    Proc. of the 2015 Int’l. Symp. on Multimedia (ISM 2015) (in MIPR 2015), pp. 541-546, 2015.
  2. K. Yoi, K. El-Fakih, K. Yasumoto:
    An Appliance Control System for Reaching Target Temperature and Humidity with Minimal Cost in Smart Home,
    to appear in ICTSS 2015 Graduate Workshop (in conjunction with ICTSS 2015), 2015.
  3. A. Ahmed, H. Suwa, K. Yasumoto:
    Zone-Based Living Activity Recognition Scheme Using Markov Logic Networks,
    Proc. EAI Int’l. Conf. on CYber physiCaL systems, iOt and sensors Networks (CYCLONE 2015), 8 pages, 2015.
  4. Kenki Ueda, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Exploring Accuracy-Cost Tradeoff in In-Home Living Activity Recognition based on Power Consumptions and User Positions,
    to appear in the 14th IEEE International Conference on Ubiquitous Computing and Communications (IUCC 2015), pp.1131–1137, 2015.
  5. Shigeya Morishita, Shogo Maenaka, Daichi Nagata, Morihiko Tamai, Keiichi Yasumoto, Toshinobu Fukukura, Keita Sato:
    SakuraSensor: Quasi-Realtime Cherry-Lined Roads Detection through Participatory Video Sensing by Cars,
    Proc. of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2015), pp. 695-705, 2015.
  6. Yutaka Arakawa:
    SenStick: Sensorize Every Things (Demo),
    to appear in the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2015), 2015.
  7. Shogo Maenaka, Shigeya MORISHITA, Daichi Nagata, Morihiko Tamai, Keiichi Yasumoto, Toshinobu Fukukura, Keita Sato:
    SakuraSensor: A System for Realtime Cherry-Lined Roads Detection by In-Vehicle Smartphones (Demo),
    to appear in the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2015), 2015.
  8. Yuki Matsuda, Takashi Hasegawa, Keiichiro Iwanami, Naoya Saito, Takuya Ishioka, Ismail Arai, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    WaistonBelt: A Belt for Monitoring Your Real Abdominal Circumference Forever (Demo),
    to appear in the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2015), 2015.
  9. Seigi Matsumoto, Yutaka Arakawa, Edgar Marko Trono, Keiichi Yasumoto:
    RecureShare – Internet-less application distribution mechanism for internet-less emergency communication systems,
    the 5th International Workshop on Pervasive Networks for Emergency Management (PerNEM 2015), 2015.
    St. Louis, Missouri, USA, Mar. 27, 2015.
  10. Kenki Ueda, Morihiko Tamai, Keiichi Yasumoto:
    A Method for Recognizing Living Activities in Homes using Positioning Sensor and Power Meters,
    the 2nd IEEE PerCom Workshop on Smart Environments: Closing the Loop (SmartE 2015), 2015.
    St. Louis, Missouri, USA, Mar. 23, 2015.
  11. Masaru Eto, Ryo Katsuma, Morihiko Tamai, Keiichi Yasumoto:
    Efficient Coverage of Agricultural Field with Mobile Sensors by Predicting Solar Power Generation,
    The 29th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA2015), 2015.
    Gwangju, Korea, Mar. 25–27, 2015.
  12. Daichi Nagata, Yutaka Arakawa, Takatomi Kubo, and Keiich Yasumoto:
    Effective Napping Support System by Hypnagogic Time Estimation based on Heart Rate Sensor(Poster) ,
    ACM 6th Augmented Human International Conference (AH2015), pp. 201–202, 2015.
    Singapore, Mar. 9-11, 2015.
  13. Daichi Nagata, Shogo Maenaka, Shigeya Morishita, Morihiko Tamai, Keiichi Yasumoto, Toshinobu Fukukura, Keita Sato:
    SakuraSensor: A Participatory Sensing System for Detecting Flowering Cherries with Car-Mounted Smartphones (Poster),
    ACM HotMobile 2015, 2015.
    Santa Fe, New Mexico, USA, Feb. 12-13, 2015.
  14. Akira Ito, Yutaka Arakawa, Hirohiko Suwa and Akira Fukuda:
    Region-to-Region Similarity Analysis based on Foursquare Venue Database(Poster),
    ACM HotMobile 2015, 2015.
    Santa Fe, New Mexico, USA, Feb. 12–13, 2015.
  15. Edgar Marko Trono, Yutaka Arakawa, Morihiko Tamai, Keichi Yasumoto:
    DTN MapEx: Disaster Area Mapping through Distributed Computing over a Delay Tolerant Network
    ICMU2015, pp. 179–184, 2015.
    Hakodate, Japan, Jan. 20–22, 2015.
  16. Nuttapoom Amornpashara, Yutaka Arakawa, Morihiko Tamai, and Keiichi Yasumoto:
    Landscape Photo Classification Mechanism for Context-Aware Photography Support System
    IEEE 33rd International Conference on Consumer Electronics (ICCE 2015), pp. 663–666, 2015.
    Las Vegas, USA, Jan. 9–12, 2015.

国内ワークショップ・シンポジウム・研究会

  1. 松田 裕貴, 荒川 豊, 安本 慶一:
    DyPRoS:地域情報発信のための動的フォトロゲイニングシステム,
    HCGシンポジウム2015, 6 pages, pp.480–485,
    富山県富山市, 2015年12月18日.
  2. 中村 優吾, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 山口 弘純, 安本 慶一:
    多様なIoTデータストリームをクラウドレスで分散処理するミドルウェアの設計,
    第77回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会, 8 pages, pp.1–8,
    愛知県豊田市, 2015年12月4日.
  3. Akpa Elder, Kazuki Fujisawa, Trono Marko, Konan Cedric, Brou William, Keiichi Yasumoto:
    CuraCopter: Automated player Tracking and video Curating System by using UAV for Sport Sessions,
    第77回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会 – Work in Progress, 5 pages, pp.1–6,
    愛知県豊田市, 2015年12月2日.
  4. 中川 愛利, 諏訪 博彦, 藤本 まなと, 荒川 豊, 安本 慶一:
    リアルタイム行動認識システム開発のためのデータ収集と分析,
    第77回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会 – Work in Progress, 5 pages, pp.1–6,
    愛知県豊田市, 2015年12月2日.
  5. 河村 一輝, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    飲食店向け不動産営業を支援する 申し込み顧客推薦システムの提案,
    ARG 第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, pages, pp.,
    東京都千代田区, 2015年11月29日.
  6. 駒井 清顕, 藤本 まなと, 荒川 豊, 諏訪 博彦, 安本 慶一:
    複数人の行動・移動状況の把握を目標としたiBeaconによる存在領域判 定システムの検討,
    第23回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2015)論文集, 7 pages, pp.71–77,
    長崎県雲仙市, 2015年10月14日.
  7. 松本 誠義, 荒川 豊, 安本 慶一:
    RecurChat: 端末間でアプリ配布可能なBluetoothChatシステム,
    第23回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2015)論文集, 7 pages, pp.121–127,
    長崎県雲仙市, 2015年10月15日.
  8. 中村 優吾, 松田 裕貴, 荒川 周造, 金平 卓也, 安本 慶一:
    GAIFoT:情報流を活用した地域分散型アンビエントインターフェース, ポスター発表,
    第23回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2015)論文集, 6 pages, pp.264–269,
    長崎県雲仙市, 2015年10月14日.
  9. 森下 慈也, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    自転車ツーリングにおける適正ルート推薦システム, デモ発表,
    第23回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2015)論文集, 3 pages, pp.206–208,
    長崎県雲仙市, 2015年10月14日.
  10. 守谷 一希, 中川 愛梨, 前田 直樹, 宵 憲治, 安本 慶一:
    スマートホーム内における人物行動と家電状態の3D可視化システム, デモ発表,
    第23回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2015)論文集, 3 pages, pp.218–220,
    長崎県雲仙市, 2015年10月14日.
  11. 中村 優吾, 松田 裕貴, 荒川 周造, 金平 卓也, 安本 慶一:
    屋内空間の状況推定に基づく移動支援システムの提案, ポスター発表,
    電子情報通信学会技術研究報告, コンピュータシステム研究会 (CPSY) ,
    千葉県幕張市, 2015年10月8日.
  12. 守谷 一希, 中川 愛梨, 前田 直樹, 宵 憲治, 安本 慶一:
    WebGLを用いた3D可視化によるスマートホーム居住者の生活行動再現システム, ポスター発表,
    電子情報通信学会技術研究報告, コンピュータシステム研究会 (CPSY) ,
    千葉県幕張市, 2015年10月8日.
  13. 守谷 一希, 藤本 まなと, 荒川 豊, 安本 慶一:
    照明装置の順点灯制御と照度-距離モデルに基づく屋内位置推定手法とその評価
    情報処理学会研究報告,2015年度情報処理学会関西支部支部大会, 2015.
    大阪府大阪市, 2015年9月28日.
  14. 杉田 敢, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    食事・行動履歴に基づく非侵襲的空腹度推定手法
    情報処理学会研究報告,2015年度情報処理学会関西支部支部大会, 2015.
    大阪府大阪市, 2015年9月28日.
  15. 河村 一輝, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    飲食店向け不動産営業を支援する申し込み顧客推薦手法の提案
    情報処理学会研究報告,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム
    pp. 588–593, 2015.
    岩手県八幡平市,2015年7月8日.
  16. 藤澤 和輝, 平部 裕子, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    複数カメラで撮影したスポーツ映像ストリームの実時間自動編纂システムの提案
    情報処理学会研究報告,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム
    pp. 1010–1018, 2015.
    岩手県八幡平市,2015年7月9日.(優秀プレゼンテーション賞)
  17. 前中 省吾, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    ウォーキング支援のための心拍数予測に基づいた最適経路探索手法
    情報処理学会研究報告,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム
    pp. 1186–1193, 2015.
    岩手県八幡平市,2015年7月9日.(優秀論文賞)
  18. 森下 慈也, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    自転車ツーリングにおける適正ルート推薦システム
    情報処理学会研究報告,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム
    pp. 1194–1199, 2015.
    岩手県八幡平市,2015年7月9日.
  19. 宵 憲治, Khaled El-Fakih (Department of Computer Science and Engineering, American University of Sharjah), 安本 慶一:
    スマートホームにおいて目標温湿度環境への遷移を最小コストで実現する家電制御システム
    情報処理学会研究報告,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム
    pp. 1418–1423, 2015.
    岩手県八幡平市,2015年7月10日.(優秀論文賞, 優秀プレゼンテーション賞)
  20. 松田裕貴,新井イスマイル,荒川豊,安本慶一:
    街灯これくしょん:夜道の明るさをセンシングする参加型アプリケーション
    電子情報通信学会技術研究報告,ヒューマンプローブ研究会(HPB),
    pp. 9–14,2015.
    静岡県熱海市,2015年6月19日.
  21. 柏本幸俊,荒川豊,安本慶一:
    床に貼り付けた振動センサによるスマートハウス向け屋内位置推定システムの検討
    情報処理学会研究報告,ユビキタスコンピューティングシステム研究会,
    Vol. 2015-UBI-45,No. 31,pp. 1–4,2015.東京都江東区,2015年3月2日.
  22. 柏本幸俊,荒川豊,安本慶一:
    デッドレコニングの高精度化に向けた超音波による歩幅補正法
    情報処理学会研究報告,ユビキタスコンピューティングシステム研究会,
    Vol. 2015-UBI-45,No. 56,pp. 1–6,2015.東京都江東区,2015年3月2日.
  23. 上田健揮,諏訪博彦,荒川豊,安本慶一:
    センサデータ粒度が宅内行動認識精度に与える影響について
    情報処理学会研究報告,ユビキタスコンピューティングシステム研究会,
    Vol. 2015-UBI-45. No. 9,pp. 1–6,2015.東京都江東区,2015年3月2日.
  24. 前中省吾,杉田敢,諏訪博彦,荒川豊,安本慶一:
    心拍数予測に基づいたウォーキング支援システム
    電子情報通信学会技術研究報告,ヘルスケア・医療情報通信技術研究会(MICT),
    Vol. 114,No. 419,MICT2014-68,pp. 61–66,2015.
    和歌山県西牟婁郡,2015年1月27日.
  25. 久米由花, Edgar Marko Trono. 荒川豊, 安本慶一, 有吉正行:
    スマートフォン内蔵センサを用いた斜面モニタリングシステムと気圧情報に基づくルーティング手法の提案
    電子情報通信学会技術研究報告,モバイルネットワークとアプリケーション研究会 (MoNA) ,
    Vol. 114,No. 417,MoNA2014-62,pp. 25–30,2015.
    和歌山県西牟婁郡,2015年1月26日.
  26. Edgar Marko Trono, Yuka Kume, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto, Masayuki Ariyoshi:
    [技術展示]Implementation of a mountainside sensor network with an ambient air pressure-based routing scheme
    電子情報通信学会技術研究報告,知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN) ,
    Vol. 114,No. 418,ASN2014-131,pp. 125–127,2015.
    和歌山県西牟婁郡,2015年1月26日. (若手研究奨励賞)
  27. 伊藤晶, 荒川豊, 諏訪博彦, 福田晃:
    飲食用不動産向け集客ポテンシャル分析に向けた地域の類似度分析
    社会情報システム学シンポジウム,2015.
    東京都調布市,2015年1月22日.

受賞

  1. ASN研究会主催センサアプリケーションアイデアコンテスト -テクニカル賞 : 荒川 豊:SenStick
  2. ICTビジネスモデル発見&発表会近畿大会 – 研究者特別賞 : 荒川 豊:SenStick
  3. MBL/ITS合同研究発表会 – 優秀発表 : 中村 優吾, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 山口 弘純(大阪大), 安本 慶一:多様なIoTデータストリームをクラウドレスで分散処理するミドルウェアの設計
  4. MBL/ITS合同研究発表会Work in Progress – Work in Progress奨励賞 : Elder Akpa, Kazuki Fujisawa, Cedric Konan, Marko Trono, William Brou, Keiichi Yasumoto:CuraCopter: Automated Player Tracking and Video Curating System by using UAV for Sport Sessions
  5. MBL/ITS合同研究発表会Work in Progress – Work in Progress奨励賞 : 中川 愛梨,諏訪 博彦,藤本 まなと, 荒川 豊, 安本 慶一:リアルタイム行動認識システム開発のためのデータ収集と分析
  6. ARG 第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会 – 学生奨励賞 : 河村一輝, 諏訪 博彦,荒川 豊, 安本 慶一:飲食店向け不動産営業を支援する 申し込み顧客推薦システムの提案
  7. Mashup Awards 11 – IoTNEWS企業賞 : 松田 裕貴,中村 優吾,長谷川 高志(明石工業高等専門学校):ベルト型自動腹囲測定ウェアラブルデバイス「おなかのげんじつ2」
  8. OIHスタートアップピッチ2015 – 総務省近畿総合通信局長賞 : 松田 裕貴,中村 優吾,長谷川 高志(明石工業高等専門学校):ベルト型自動腹囲測定ウェアラブルデバイス「おなかのげんじつ」
  9. DPSWS2015 – 奨励賞 : 松本 誠義, 荒川 豊, 安本 慶一:RecurChat: 端末間でアプリ配布可能なBluetoothChatシステム
  10. DPSWS2015 – ポスター賞 : 中村 優吾, 松田 裕貴, 荒川 周造, 金平 卓也, 安本 慶一 : GAIFoT:情報流を活用した地域分散型アンビエントインターフェース
  11. Field TechUP Program – NEC賞 : 宵 憲治, 松本 誠義, 森下 慈也, 中村 優吾, 中川 愛梨 : ダイエット支援ロボ「BMI48」
  12. Field TechUP Program – IDCフロンティア賞 : 松田 裕貴, 守谷 一希, 金平 卓也, 荒川 周造, 小芝 涼太, 田村 洋輔 : 調味料から健康に「ちょみけん」
  13. 第3回学生スマートフォンアプリコンテスト – 優秀プレゼンテーション賞 : 森下 慈也 : Cycling with YOU
  14. 情報処理学会関西支部支部大会 – 学生奨励賞 : 守谷 一希, 藤本 まなと, 荒川 豊, 安本 慶一 : 照明装置の順点灯制御と照度-距離モデルに基づく屋内位置推定手法とその評価
  15. みんなのラズパイコンテスト – 技術賞 : 柏本 幸俊 : フィンランドで日本の日の出を体験する「Wake up as in Japan」
  16. UbiComp2015 – Honorable Mention Award : Shigeya Morishita, Shogo Maenaka, Daichi Nagata, Morihiko Tamai, Keiichi Yasumoto, Toshinobu Fukukura, Keita Sato : SakuraSensor: Quasi-Realtime Cherry-Lined Roads Detection through Participatory Video Sensing by Cars
  17. DICOMO2015 – 優秀論文賞 : 前中 省吾, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一 : ウォーキング支援のための心拍数予測に基づいた最適経路探索手法
  18. DICOMO2015 – 優秀論文賞 : 宵 憲治, Khaled El-Fakih (American Univ. of Sharjah), 安本 慶一 : スマートホームにおいて目標温湿度環境への遷移を最小コストで実現する家電制御システム
  19. DICOMO2015 – 優秀プレゼンテーション賞 : 藤澤 和輝, 平部 裕子, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一 : 複数カメラで撮影したスポーツ映像ストリームの実時間自動編纂システムの提案
  20. DICOMO2015 – 優秀プレゼンテーション賞 : 宵 憲治, Khaled El-Fakih (American Univ. of Sharjah), 安本 慶一 : スマートホームにおいて目標温湿度環境への遷移を最小コストで実現する家電制御システム
  21. 2014年度長尾真記念研究賞 : 荒川豊 :人に寄り添うモバイルアプリケーションに関する先駆的かつ実証的研究
  22. 情報処理学会2014年度論文賞 : Jovilyn Therese B. Fajardo,Keiichi Yasumoto,Naoki Shibata,Weihua Sun,Minoru Ito : Disaster Information Collection with Opportunistic Communication and Message Aggregation
  23. ASN研究会 – 若手研究奨励賞 : Edgar Marko Trono :Implementation of a mountainside sensor network with an ambient air pressure-based routing scheme
  24. オムロンコトチャレンジ – 最優秀賞 :松田 裕貴: おなかのげんじつ
  25. 第74回MBL研究会 – 優秀発表 :柏本幸俊,荒川豊,安本慶一 :デッドレコニングの高精度化に向けた超音波による歩幅補正法
  26. 第45回UBI研究会 – 学生奨励賞 :柏本幸俊,荒川豊,安本慶一:床に貼り付けた振動センサによるスマートハウス向け屋内位置推定システムの検討
  27. 第45回UBI研究会 – 学生奨励賞 :上田健揮,荒川豊,諏訪博彦,安本慶一:センサデータ粒度が宅内行動認識精度に与える影響について

招待講演

  1. Keiichi Yasumoto:Information Flow of Things: Sensing, Networking, and Processing Technologies for Real-time Utilization of IoT Data
    The 22nd International Display Workshops (IDW2015)(2015-12-09).
  2. 荒川豊:IoTが開く未来とケーブルテレビの役割
    第28回ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー2015(2015-12-08).
  3. 安本慶一:スマートライフの実現に向けた日常生活データ分析
    けいはんなビッグデータフォーラム(2015-03-09).

平成26年(2014年)

学術論文誌

  1. 木谷 友哉 , 澤 悠太 , 柴田 直樹 , 安本 慶一 , 伊藤 実:
    運転者に対する交通安全支援のための指向性アンテナおよび車車間通信を用いた歩行者の位置推定手法
    情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM),Vol. 7,No. 2,pp. 74-85 (2014-11) .
  2. 荒川豊, Tatjana Scheffler, Stephan Baumann and Andreas Dengel:
    ソーシャル観光マップ −ソーシャルデータからの観光スポット抽出-
    情報処理学会論文誌 コンシューマ・デバイス&システム Vol. 4, No.1, pp. 1–11 (2014-04).
  3. Jovilyn Therese Baco Fajardo, Keiichi Yasumoto, Naoki Shibata, Weihua Sun, Minoru Ito:
    Disaster Information Collection with Opportunistic Communication and Message Aggregation,
    Journal of Information Processing, Vol. 22, No. 2, pp. 106-117 (2014-04).
  4. 勝間 亮,松本啓司,柴田直樹,安本慶一,伊藤 実:
    移動アンカノードを用いた三辺測量による水中センサノード の低コスト位置推定手法
    情報処理学会論文誌 Vol. 55, No. 2, pp. 790-800 (2014-02).
  5. 隅田麻由,水本旭洋,安本慶一:
    スマートフォンを用いた歩行時心拍数推定法
    情報処理学会論文誌 Vol. 55, No. 1,pp.399-412 (2014-01).

解説記事

  1. 安本慶一,山口弘純:
    多数のデータストリームを実時間で融合・編纂し利活用するための次世代「情報流」技術
    情報処理 Vol.55,No.11,pp. 35–41(2014).

国際会議

  1. Jun Komeda, Yutaka Arakawa, Morihiko Tamai, and Keiichi Yasumoto:
    Intuitive Appliance Control System Based on a High-Accuracy Indoor Positioning System
    IEEE 11th International Conference on Ubiquitous Intelligence & Computing (UIC2014), pp. 134–139, Dec. 9–12 , 2014.
  2. Shigemi Ishida, Koki Tomishige, Akira Izumi, Shigeaki Tagashira, Yutaka Arakawa, and Akira Fukuda:
    Implementation of On-Demand Indoor Location-Based Service Using Ad Hoc Wireless Positioning Network
    IEEE 11th International Conference on Ubiquitous Intelligence & Computing (UIC2014), pp. 34–41, Dec.9–12, 2014.
  3. Yuma Akaike, Jun Komeda, Yuka Kume, Satoshi Kanamaru, and Yutaka Arakawa:
    AR Go-Kon: A System for Facilitating a Smooth Communication in the First Meeting
    IEEE 11th International Conference on Ubiquitous Intelligence & Computing (UIC2014), pp. 120–126, Dec. 9 — 12, 2014.
  4. Isamu Sugita, Morihiko Tamai, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    A Method for Estimating Hunger Degree based on Meal and Exercise Logs,
    to appear in 4th Int’l. Conf. on Wireless Mobile Communication and Healthcare (MOBIHEALTH 2014) (Nov. 2014).
  5. Nuttapoom Amornpashara, Yutaka Arakawa, Morihiko Tamai, and Keiichi Yasumoto:
    An application that recommends you where you can take good pictures, by context (location, time of the year, time in the day, weather)
    The 20th Annual International Conference on Mobile Computing and Networking (Mobicom 2014) App competition, 7–10 Sep. 2014. (Mobile App Competition Award 2nd place)
  6. Yutaka Arakawa:
    Discovering Popular Point of Interests for Tourism with Appropriate Names from Social Data Analysis
    International Workshop on Web Intelligence and Smart Sensing (IWWISS 2014), Sep. 1–2, 2014.
  7. Yoshihisa Onoue, Morihiko Tamai, Keiichi Yasumoto:
    Energy-constrained Wi-Fi Offloading Method Using Prefetching,
    Proc. of IEEE VTC2014-Spring, 5 pages (May 2014).
  8. Yoshitaka Ueyama, Morihiko Tamai, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    Gamification-Based Incentive Mechanism for Participatory Sensing
    IEEE CROWDSENSING 2014 (First International Workshop on Crowdsensing Methods, Techniques, and Applications) in conjunction with IEEE PerCom 2014, pp.98–103, Mar. 24, 2014.
  9. Nuttapoom Amornpashara, Yutaka Arakawa, Morihiko Tamai, and Keiichi Yasumoto:
    Phorec : Context-Aware Photography Support System Based on Analysis of
    Big Data of Good Photo with Location, Time, and Weather Condition
    , Proc. of the 15th International Workshop on Mobile Computing Systems and Applications (HotMobile 2014), 1 page, poster (Jan. 2014).
  10. Jovilyn T.B. Fajardo, Keiichi Yasumoto, Minoru Ito:
    Content-Based Data Prioritization for Fast Disaster Images Collection in Delay Tolerant Network,
    Proc. of 7th Int’l. Conf. on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2014), pp. 147-152 (Jan. 2014).
  11. Yutaka Arakawa, Yuki Sonoda, Koki Tomoshige, Shigeaki Tagashira, Akira Fukuda:
    Implementation of WiFi/Bluetooth-based Smart Narrow Field Communication,
    Proc. of 7th Int’l. Conf. on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2014), pp. 91-92, poster (Jan. 2014).
  12. Yuko Hirabe, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Logging All the Touch Operations on Android,
    Proc. of 7th Int’l. Conf. on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2014), pp. 93-94, demo (Jan. 2014).

招待講演

  1. 安本慶一:情報流:情報の流れに着目した実世界情報処理基盤
    DICOMO2014シンポジウム(2014-07-09).
  2. 安本慶一:人間行動の理解に向けたセンシングおよび分析技術の紹介
    電子情報通信学会情報ネットワーク研究会(2014-01-23).
  3. 安本慶一:センサ・ネットワーク技術を統合したサイバーシステムの未来
    近畿情報システム産業協議会新春IT振興フォーラム特別講演会(2014-01-10).

国内ワークショップ・シンポジウム・研究会

  1. 久米 由花,Trono Edgar Marko Sarmiento,荒川 豊,安本 慶一,有吉 正行:
    スマートフォン内蔵センサを用いた斜面モニタリングシステムと気圧情報に基づくルーティング手法の提案,ASN/MICT/MoNA研究会 MoNA2014-62論文集,6 pages (2015-01).
  2. 前中省吾,杉田 敢, 諏訪 博彦,荒川豊,安本慶一:
    心拍数予測に基づいたウォーキング支援システム,ASN/MICT/MoNA研究会 MICT2014-68論文集,6 pages (2015-01).
  3. 杉田 敢,玉井 森彦,荒川 豊,安本 慶一:
    食事・行動履歴に基づく非侵襲的血糖値・空腹度推定手法,第22回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2014)論文集,6 pages (2014-12).
  4. 永田 大地,前中 省吾,森下 慈也,玉井 森彦,安本 慶一(奈良先端大),福倉 寿信,佐藤 啓太(デンソー):
    桜ナビ:参加型桜動画収集・共有とルート案内システム,第22回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2014)論文集,3 pages (2014-12).
  5. 藤澤 和輝,平部 裕子,荒川 豊,安本 慶一:
    キュレータの価値観に基づく複数映像情報流の実時間編纂支援システム,第22回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2014)論文集,4 pages (2014-12).
  6. 永田大地, 荒川豊, 安本慶一:
    スマートフォンによる短時間睡眠支援に向けた入眠時刻の推定,第73回MBL研究会(MBL 2014)論文集,6 pages (2014-11).
  7. 中村仁美, 荒川豊, 安本慶一:
    快適度を考慮した電力ピークシフトに貢献する行動を学習可能なシリアスゲームの提案と開発,第73回MBL研究会(MBL 2014)論文集,8 pages (2014-11).
  8. 松本誠義・荒川 豊・安本慶一:
    自己複製によるインターネットレスアプリケーション拡散手法の提案と実装,NS研究会(NS 2014)論文集,6 pages (2014-11).
  9. 永田大地, 荒川豊, 安本慶一:
    短時間睡眠支援に向けた生体情報を用いた入眠時刻の推定,第13回情報科学技術フォーラム(FIT 2014)論文集,2 pages (2014-09).
  10. 鈴木貴裕,柏本幸俊,玉井森彦,安本慶一:
    快適ドライブ支援に向けた複数運転者の走行データ分析,第13回情報科学技術フォーラム(FIT 2014)論文集,2 pages (2014-09).
  11. 玉井森彦,永田大地,前中省吾,森下慈也,安本慶一,福倉寿信,佐藤啓太:
    桜センサ:車載スマートフォンによる画像処理に基づいた桜景観の良い道路区間の抽出,情報処理学会研究報告 2014-MBL-72 (19), 8 pages (2014-08).
  12. 上田 健揮,玉井 森彦,安本 慶一:
    スマートホームにおける複数のセンシングデータに基づいた生活行動データ抽出システムの提案
    DICOMO2014シンポジウム論文集,pp. 1884 – 1891 (2014-07).
  13. 柏本 幸俊,荒川 豊,安本 慶一:
    YAMATO:超音波センサガジェット付スマートフォンを活用した屋内フロアマップ作成支援システムの実装と評価
    DICOMO2014シンポジウム論文集,pp. 1359- 1367 (2014-07).
  14. 宵 憲治,山口 弘純,廣森 聡仁,内山 彰,東野 輝夫,柳谷 尚寿,中谷 俊和,立花 篤男,長谷川 輝之 :
    多数のセンサーによる時空間センシングデータの効率的な集約送信技術
    DICOMO2014シンポジウム論文集,pp. 903- 913 (2014-07).
  15. Nuttapoom Amornpashara, Yutaka Arakawa, Morihiko Tamai, Keiichi Yasumoto:
    Phorec : Context-Aware Photography Support System based on Social Data Analysis, 情報処理学会研究報告 2014-CDS-10 (2), 7 pages (2014-05).
  16. 山下 徹, 玉井 森彦, 安本 慶一:
    重量センサを用いた冷蔵庫内のモノ管理システム,情報処理学会研究報告 2014-CDS-10 (3), 7 pages,(2014-05).
  17. 米田 純, 荒川 豊, 玉井 森彦, 安本 慶一:
    高精度屋内位置情報を利用した直感的な家電操作手法の提案,2014-CDS-10 (4), 6 pages,(2014-05).
  18. 赤池 勇磨, 金丸 智史, 米田 純, 久米 由花, 荒川 豊:
    拡張現実技術によるコミュニケーション能力への影響,2014-CDS-10 (5), 8 pages,(2014-05).
  19. 久米 由花, 玉井 森彦, 荒川 豊:
    Androidにおけるセンサ情報の記録・再生機能の設計, 2014-CDS-10 (8), 7 pages,(2014-05).
  20. 中村 仁美,上山 芳隆,荒川 豊,安本 慶一:
    快適度を下げずに電力ピークシフトに貢献する行動を学習可能なシリアスゲームの提案
    情報処理学会研究報告,Vol.2013-DPS-159, No.25,pp. 1-5 (2014-05).
  21. 杉田 敢,山下 徹,水本 旭洋,玉井 森彦,安本 慶一:
    食事・行動履歴に基づく空腹度推定手法の提案
    情報処理学会研究報告,Vol.2014-UBI-41, No.7,pp. 1-7 (2014-03).
  22. 平部 裕子,津田 麻衣,荒川 豊,安本 慶一:
    タッチ操作の挙動に基づくユーザプロファイル推定手法の提案
    情報処理学会研究報告,Vol.2014-UBI-41, No.20,pp. 1-6 (2014-03).
  23. 江藤 大,勝間 亮,玉井 森彦,安本 慶一:
    ソーラパネル付モバイルセンサノードで構成されたWSNのための最適移動スケジューリング手法とその評価
    情報処理学会研究報告,Vol.2014-DPS-158, No.10,pp. 1-8 (2014-03).
  24. 大木 浩武,玉井 森彦,安本 慶一:
    快適さと省エネを同時に考慮した複数家電への電力量配分支援インタフェース
    情報処理学会研究報告,Vol.2014-DPS-158, No.22,pp. 1-8 (2014-03).
  25. 伊原 啓晃,玉井 森彦,安本 慶一:
    複数要因を総合的に考慮した夕食レシピ推薦システムとその評価
    情報処理学会研究報告,Vol.2014-DPS-158, No.32,pp. 1-8 (2014-03).
  26. 津田 麻衣,玉井 森彦,安本 慶一:
    居室内のセンシングによる独居高齢者の見守り支援システムとその評価
    情報処理学会研究報告,Vol.2014-DPS-158, No.43,pp. 1-7 (2014-03).

受賞

  1. 2014-12 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ 奨励賞:
    杉田 敢,玉井 森彦,荒川 豊,安本 慶一:食事・行動履歴に基づく非侵襲的血糖値・空腹度推定手法
  2. 2014-12 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ 優秀デモンストレーション賞:
    永田 大地,前中 省吾,森下 慈也,玉井 森彦,安本 慶一(奈良先端大),福倉 寿信,佐藤 啓太(デンソー):桜ナビ:参加型桜動画収集・共有とルート案内システム
  3. 2014-11 e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2014 LINE Fukuoka賞:
    松本誠義,荒川豊:Recurshare~インターネットレスにアプリ拡散~
  4. 2014-11 情報処理学会MBL研究会 優秀発表賞:
    永田大地,荒川豊,安本慶一:スマートフォンによる短時間睡眠支援に向けた入眠時刻の推定
  5. 2014-11 情報処理学会MBL研究会 奨励発表賞:
    中村仁美,荒川豊,安本慶一:快適度を考慮した電力ピークシフトに貢献する行動を学習可能なシリアスゲームの提案と開発
  6. 2014-09 ACM MobiCom 2014 Mobile App Contest 2nd prize:
    Nuttapoom Amornpashara, Yutaka Arakawa, Morihiko Tamai: Phorec
  7. 2014-08 情報処理学会CDS研究会 第2回学生スマートフォンアプリコンテスト 優秀アプリケーション賞:
    松本 誠義:Infection App
  8. 2014-08 情報処理学会MBL研究会 優秀論文賞:
    玉井森彦,永田大地,前中省吾,森下慈也,安本慶一,福倉寿信,佐藤啓太:桜センサ:車載スマートフォンによる画像処理に基づいた桜景観の良い道路区間の抽出
  9. 2014-07 DICOMO2014シンポジウム 優秀プレゼンテーション賞:
    上田 健揮,玉井 森彦,安本 慶一:スマートホームにおける複数のセンシングデータに基づいた生活行動データ抽出システムの提案
  10. 2014-07 DICOMO2014シンポジウム 優秀プレゼンテーション賞:
    宵 憲治,山口 弘純,廣森 聡仁,内山 彰,東野 輝夫,柳谷 尚寿,中谷 俊和,立花 篤男,長谷川 輝之:多数のセンサーによる時空間センシングデータの効率的な集約送信技術
  11. 2014-04 JIP特撰論文:Jovilyn Therese Baco Fajardo, Keiichi Yasumoto, Naoki Shibata, Weihua Sun, Minoru Ito:
    Disaster Information Collection with Opportunistic Communication and Message Aggregation
  12. 2014-03 NAIST情報科学研究科 最優秀学生賞:水本旭洋
  13. 2014-01 情報処理学会ITS研究会奨励賞:永田大地, 尾上佳久, 玉井森彦, 安本慶一, 福倉寿信, 岩井明史:
    走行車両による画像処理に基づいた景観の良い経路の抽出・共有方式
  14. 2014-01 ICMU2014 Best Poster Award: Yuko Hirabe, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Logging All the Touch Operations on Android

平成25年(2013年)

学術論文誌

  1. Katsuragi, T., Ono, N., Yasumoto, K., Amin, A.-U., Hirai, M., Sriyudthsak, K., Sawada, Y., Yamashita, Y., Chiba, Y., Onouchi, H., Fujiwara, T., Naito, S., Shiraishi, F.,, Kanaya, S.:
    SS-mPMG and SS-GA: Tools for Finding Pathways and Dynamic Simulation of Metabolic Networks,
    Plant Cell Physiol. 54 (5): 728-739 (May 2013).
  2. 武 兵,孫 為華,村田佳洋,安本慶一,伊藤 実:
    ユーザの体力変化に対応可能な観光スケジュールの立案手法,情報処理学会論文誌 Vol. 54, No. 3,pp. 1141-1152(2013-03).
  3. 黒岩 将,安本慶一,村田佳洋,伊藤 実:
    進化計算を用いた「合コン」問題の解法と評価,情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用 Vol. 6,No. 1,pp.47-56(2013-03).

国際会議

  1. Teruhiro Mizumoto, Khaled El-Fakih, Keiichi Yasumoto:
    PathSim: A Tool for Finding Minimal Energy Device Operation Sequence for Reaching a Target Context in Smart-Home,
    Proc. of the 10th IEEE Int’l. Conf. on Ubiquitous Intelligence and Computing (UIC-2013), pp.64-71 (Dec. 2013).
  2. Yukitoshi Kashimoto, Keiichi Yasumoto:
    YAMATO: A Wearable Floor Map Generation System,
    Proc. of ACM SenSys 2013 (poster session), 2 pages (Nov. 2013).
  3. Yutaka Arakawa, Shigeaki Tagashira, Akira Fukuda:
    mockSensor : Faking Remote Sensors As Embedded Sensors for a Functional Enhancement of Android,
    Proc. of ACM SenSys 2013 (demo session), 2 pages (Nov. 2013).
  4. Sumida, M., Mizumoto, T., Yasumoto, K.:
    Estimating heart rate variation during walking with smartphone,
    Proc. of UbiComp 2013, pp. 245-254 (Sep. 2013).
  5. Imazu, S., Mizumoto, T., Sun, W., Shibata, N., Yasumoto, K., Ito, M.:
    e-Health Support System for Adequate Caloric Intake Learning through Simple Meal Survey and Weight Measurement, Proc. of IEEE Region 10 Humanitarian Technology Conference 2013, pp. 365-370 (Aug. 2013).
  6. Kawada, M., Tamai, M., Yasumoto, K.:
    A Trigger-based Dynamic Load Balancing Method for WLANs Using Virtualized Network Interfaces, Proc. of IEEE WCNC 2013, pp. 1109-1114 (Apr. 2013).
  7. Kashimoto, Y., Ogura, K., Yamamoto, S., Yasumoto, K., Ito, M.:
    Saving Energy in Smart Homes with Minimal Comfort Level Reduction,
    Workshop Proc. of IEEE PerCom 2013, pp. 372-376 (Mar. 2013)(WiP paper).
  8. Nakamura, Y., Yamamoto, S., Tamai, M., Yasumoto, K.:
    Supporting Daily Living Activities using Behavior Logs and Augmented Reality,
    5th Int’l. Workshop on Smart Environments and Ambient Intelligence 2013 (SENAmI 2013), Workshop Proc. of PerCom2013, pp. 658-663 (Mar. 2013).
  9. Sun, W., Shibata, N., Yasumoto, K., Mori, M.:
    A Method for Overlay Network Latency Estimation from Previous Observation,
    Proc. of ICN 2013, pp. 95-100 (Feb. 2013).
  10. Sun, W., Shibata, N., Yasumoto, K., Mori, M.:
    Estimation of Overlay Link Quality from Previously Observed Link Qualities,
    Proc. of IEEE CCNC 2013, pp. 582-585 (Jan. 2013).

国内ワークショップ・シンポジウム・研究会

  1. 上田 健揮, 大木 浩武, 水本 旭洋, 玉井 森彦, 安本 慶一:
    複数のセンシングデータの可視化および関連付けによる生活行動の理解支援システム
    第21回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2013)論文集,pp. 116-118(2013-12).
  2. 平部 裕子, 荒川 豊, 安本 慶一:
    TouchAnalyzer : タッチ操作ログ分析システム
    第21回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2013)論文集,pp. 77-79(2013-12).
  3. 赤池 勇磨, 荒川 豊, 安本 慶一:
    オンライン活動とオフライン活動の相関関係分析
    第21回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2013)論文集,pp. 38-45(2013-12).
  4. 柏本 幸俊, 安本 慶一:
    YAMATO:ウェアラブル屋内フロアマップ生成システム
    第21回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2013)論文集,pp. 20-26(2013-12).
  5. 孫 為華,剣持 真弘,柴田 直樹,安本 慶一,伊藤 実:
    待ち時間を短縮する駐車ナビゲーション
    第21回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2013)論文集,pp. 9-19(2013-12).
  6. 尾上佳久, 玉井森彦,安本慶一:
    消費電力量制約付きプリフェッチに基づくWi-Fiオフローディング手法の設計と評価
    信学技報, vol. 113, no. 304, MoNA2013-42, pp. 5-10(2013-11).
  7. 永田大地,尾上佳久,玉井森彦,安本慶一(奈良先端大),福倉寿信,岩井明史:
    走行車両による画像処理に基づいた景観の良い経路の抽出・共有方式
    情報処理学会研究報告. ITS, [高度交通システム] 2013-ITS-55(14), pp. 1-8 (2013-11).
  8. 山下 徹,水本旭洋,玉井森彦,安本慶一:
    重量センサを利用した冷蔵庫内のモノの種類および残量推定システムの提案
    信学技報, vol. 113, no. 168, MoNA2013-17, pp. 25-30(2013-08).
  9. 伊原啓晃,玉井森彦,安本慶一:
    複数要因を総合的に考慮した夕食レシピ推薦手法の提案
    信学技報, vol. 113, no. 168, MoNA2013-14, pp. 7-12(2013-08).
  10. 小山 由,水本旭洋,安本慶一:
    大規模災害時の3G通信不可能エリアにおける情報発信および収集を可能とするDTNベースメッセージ中継法の提案と評価
    DICOMO2013シンポジウム論文集,pp. 26 – 33 (2013-07).
  11. 尾上佳久, 玉井森彦,安本慶一:
    消費電力量を考慮したプリフェッチに基づくWiFiオフローディング手法の提案
    DICOMO2013シンポジウム論文集,pp. 538 – 547 (2013-07).
  12. 荒川 豊,Tatjana Scheffler,Stephan Baumann,Andreas Dengel:
    ソーシャル観光マップ -ソーシャルデータからの観光スポット抽出-
    DICOMO2013シンポジウム論文集,pp. 1123 – 1132 (2013-07).
  13. 江藤 大,勝間 亮,玉井森彦, 安本慶一:
    作物の生育に伴う太陽光発電量変化を予測したモバイルセンサノードによるフィールド被覆法
    DICOMO2013シンポジウム論文集,pp. 1286 – 1293 (2013-07).
  14. 大野 淳司,玉井 森彦,安本 慶一:
    SNSを介した情報家電・センサへの遠隔アクセスミドルウェア
    電子情報通信学会第9回ヒューマンプローブ研究会, pp. 1-8 (2013-06).
  15. 荒川 豊,Tatjana Scheffler,Stephan Baumann,Andreas Dengel:
    Place APIの統合,情報処理学会研究報告,Vol.2013-MBL-66, No.30,pp. 1-6 (2013-05).
  16. 津田 麻衣,玉井 森彦,安本 慶一:
    居室行動のセンシングに基づく独居高齢者を対象とした見守りシステムの提案
    情報処理学会研究報告,Vol.2013-DPS-155, No.16,pp. 1-5 (2013-05).
  17. 水本 旭洋: PerCom2013参加報告
    情報処理学会研究報告,Vol.2013-MBL-66, No.13,pp. 1-6 (2013-05).
  18. 上山 芳隆,玉井 森彦,安本 慶一:
    ユーザ参加型センシングにおけるゲーミフィケーションに基づくインセンティブ機構の提案
    情報処理学会研究報告,Vol.2013-MBL-66, No.12,pp. 1-6 (2013-05).
  19. 中野 達彦,中西 恒夫,田頭 茂明,荒川 豊,福田 晃:
    農業疎密無線センサネットワークにおけるData MULE型データ通信を利用するハイブリッドエナジーハーベスティングセンサノードの開発と評価,情報処理学会研究報告,Vol.2013-MBL-66, No.11,pp. 1-6 (2013-05).
  20. 三宅弘士,荒川豊,田頭茂明,福田晃:
    Androidにおけるセンサ単位の機能仮想化
    情報処理学会研究報告,Vol.2012-MBL-65, No.8,pp. 1-8(2013-03).
  21. 河田真宏,玉井森彦,安本慶一:
    仮想化ネットワークインターフェースを用いたトリガ駆動に基づくWi-Fiアクセスポイントの動的負荷分散方式
    情報処理学会研究報告,Vol.2012-MBL-65, No.28,pp. 1-8(2013-03).
  22. 玉井森彦,尾上佳久,安本慶一,福倉寿信,岩井明史:
    画像処理に基づいた効率のよい渋滞動画の収集・共有方式
    情報処理学会研究報告,Vol.2012-MBL-65, No.36,pp. 1-8(2013-03).
  23. Sumida, M., Mizumoto, T., Yasumoto, K.:
    Smartphone-based heart rate prediction for walking support,
    電子情報通信学会第8回ヒューマンプローブ研究会, pp. 4-11 (Mar. 2013).

受賞

  1. 2013-12 情報処理学会第21回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ ベストカンバーサント賞::荒川 豊
  2. 2013-12 情報処理学会第21回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ 優秀デモンストレーション賞::
    上田 健揮, 大木 浩武, 水本 旭洋, 玉井 森彦, 安本 慶一:複数のセンシングデータの可視化および関連付けによる生活行動の理解支援システム
  3. 2013-12 情報処理学会第21回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ 優秀ポスター賞:
    平部 裕子, 荒川 豊, 安本 慶一:TouchAnalyzer : タッチ操作ログ分析システム
  4. 2013-12 情報処理学会第21回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ 奨励賞:
    柏本 幸俊, 安本 慶一:YAMATO:ウェアラブル屋内フロアマップ生成システム
  5. 2013-12 情報処理学会第21回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ 最優秀論文賞:
    孫 為華(阪大), 剣持 真弘, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実:待ち時間を短縮する駐車ナビゲーション
  6. 2013-07 情報処理学会DICOMO2013 優秀発表賞:尾上佳久,消費電力量を考慮したプリフェッチに基づくWiFiオフローディング手法の提案
  7. 2013-07 情報処理学会DICOMO2013 ヤングリサーチャ賞:水本 旭洋,大規模災害時の3G通信不可能エリアにおける情報発信および収集を可能とするDTNベースメッセージ中継法の提案と評価
  8. 2013-05 情報処理学会第66回MBL研究会 優秀発表賞:上山芳隆,ユーザ参加型センシングにおけるゲーミフィケーションに基づくインセンティブ機構の提案
  9. 2013-05 情報処理学会第66回MBL研究会 優秀発表賞:中野達彦(九大),農業疎密無線センサネットワークにおけるData MULE型データ通信を利用するハイブリッドエナジーハーベスティングセンサノードの開発と評価
  10. 2013-03 情報処理学会第65回MBL研究会 優秀論文賞:三宅弘士,荒川豊,田頭茂明,福田晃,Androidにおけるセンサ単位の機能仮想化
  11. 2013-03 情報処理学会第65回MBL研究会 優秀発表賞:河田真宏,仮想化ネットワークインターフェースを用いたトリガ駆動に基づくWi-Fiアクセス ポイントの動的負荷分散方式
  12. 2013-03 情報処理学会ITS研究会優秀論文賞:玉井森彦,安本慶一,福倉寿信,岩井明史,ユーザ参加型センシングに基づく動画渋滞情報の効率よい収集および配信方式,情報処理学会研究報告 Vol.2012-ITS-50 No.12
  13. 2013-03 NAIST情報科学研究科 最優秀学生賞:隅田麻由
  14. 2013-03 情報処理学会山下記念研究賞:安本慶一,快適度の低下を最小限に抑える省エネデバイス制御手法 (2011-DPS-149)

平成24年(2012年)

学術論文誌

  1. 水本旭洋,孫 為華,安本慶一,伊藤 実:多数傷病者事故時での救命率向上のための電子トリアージタグの利用を前提とした搬送計画システム
    情報処理学会論文誌,Vol. 53,No. 7,pp. 1745-1756(2012-07).
  2. 高松 悠,孫 為華,安本慶一,山内由紀子,伊藤 実:すれ違い通信を活用した複数携帯電話端末による省電力協調動画ダウンロード手法
    情報処理学会論文誌,Vol. 53, No. 2, pp. 783-794(2012-02).

国際会議

  1. Fajardo, J, Yasumoto, K., Shibata, N., Sun, W., Ito, M.:
    DTN-Based Data Aggregation for Timely Information Collection in Disaster Areas, Proc. of IEEE WiMob2012, pp. 341-348 (Oct. 2012).
  2. Yasumoto, K., Takamatsu, Y., Sun, W., Ito, M.:
    Energy-Efficient Cooperative Download for Smartphone Users through Contact Time Estimation, Proc. of IEEE WiMob2012, pp. 332-340 (Oct. 2012).
  3. Kuroiwa, S., Yasumoto, K., Murata, Y., Ito, M.:
    Finding Good Affinity Patterns for Matchmaking Parties Assignment through Evolutionary Computation, Proc. of PPSN2012, pp. 498-507 (Sep. 2012).
  4. Kenmotsu, M., Sun, W., Shibata, N., Yasumoto, K., Ito, M.:
    Parking Navigation for Alleviating Congestion in Multilevel Parking Facility, IEEE VTC2012-Fall, pp. 1-5 (Sep. 2012).
  5. Kouakou, M.T., Yasumoto, K., Yamamoto, S., Ito, M.:
    Cost-Efficient Sensor Deployment in Indoor Space with Obstacles,
    Proc. of IEEE WoWMoM2012, pp. 1-9 (Jun. 2012).
  6. Katsuma, R., Murata, Y., Shibata, N., Yasumoto, K., Ito, M.:
    A Decentralized Method for Maximizing k-coverage Lifetime in WSNs,
    Proc. of ICMU2012, pp. 16-23 (May 2012).
  7. Mizumoto, T. , Imazu, S., Sun, W., Shibata, N., Yasumoto, K.:
    Emergency Medical Support System for Visualizing Locations and
    Vital Signs of Patients in Mass Casualty Incident
    , Proc. of
    2nd Int’l. Workshop on Pervasive Networks for Emergency Management
    (PerNEM2012)
    , pp. 746-751 (Mar. 2012).

国内ワークショップ・シンポジウム・研究会

  1. 大木浩武,安本慶一,玉井森彦:
    快適さと省エネのトレードオフの発見を支援する家電制御ユーザインタフェース
    第20回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2012)論文集,pp. 233-239(2012-10).
  2. 江藤 大,勝間 亮,玉井森彦,安本慶一:
    作物の生育による日陰領域の変化を考慮したソーラーパネル付センサノードの移動スケジューリング法,第20回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2012)論文集,pp. 90-94(2012-10).
  3. 柴田直樹,玉井森彦,安本慶一,森 将豪:
    視聴距離・視力に合わせた最適な立体視ビデオ再生システム,第20回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2012)論文集,pp. 117-120(2012-10).
  4. 柏本幸俊,大野淳司,玉井森彦,安本慶一, :
    スマートなエネルギーの利用に向けた生活の知恵センシングシステム,第20回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2012)論文集,pp. 124-129(2012-10).
  5. 隅田麻由,水本旭洋,安本慶一:
    楽WALK : スマートフォンを用いた歩行時心拍数推定システム,平成24 年度情報処理学会関西支部大会論文集,E-06, pp.1-8 (2012-09).
  6. 玉井森彦,安本慶一,福倉寿信,岩井 , 明史:
    ユーザ参加型センシングに基づく動画渋滞情報の効率よい収集および配信方式
    情報処理学会研究報告,高度交通システム(ITS),2012-ITS-50 (12),pp. 1-8(2012-09).
  7. 河田真宏,玉井森彦,山本眞也,安本慶一:
    仮想ネットワークインターフェースを用いた無線LANネットワークにおける動的負荷分散方式の提案,DICOMO2012シンポジウム論文集,pp. 43-52(2012-07).
  8. 藤井 賛,玉井森彦,山本眞也,安本慶一:
    アクセスポイント搭載車両を利用した屋外ユーザ向けWi-Fiオフローディング手法の提案,DICOMO2012シンポジウム論文集,pp. 53-62(2012-07).
  9. 中村勇貴,山本眞也,玉井森彦,安本慶一:
    ユーザの行動履歴に基づくAR効果を用いた日常生活支援手法,DICOMO2012シンポジウム論文集,pp. 459-467(2012-07).
  10. 水本旭洋,柴田直樹,安本慶一,El-Fakih, Khaled:
    コンテキストアウェアシステムの実装をテストするフレームワークSmartTESTの提案,DICOMO2012シンポジウム論文集,pp. 1050-1059(2012-07).
  11. Fajardo, J., Yasumoto, K., Shibata, N., Sun, W., Ito, M.:
    Aggregation-Based Information Collection in Disaster Areas,
    DICOMO2012シンポジウム論文集,pp. 1674-1685(2012-07).
  12. 吉田昌剛,玉井森彦,柴田直樹,安本慶一:
    スマート環境シミュレータへの協調作業支援機能の拡張,DICOMO2012シンポジウム論文集,pp. 1919-1927(2012-07).
  13. 大野淳司,安本慶一,玉井森彦:
    SNSを利用した情報家電の遠隔制御・監視システムの提案
    情報処理学会研究報告,Vol.2012-DPS-151, No. 13, pp.1-7(2012-05).
  14. 池田惇耶,玉井森彦,安本慶一:
    SNSを用いた所有動画の遠隔ユーザ間での同時視聴支援システム
    情報処理学会研究報告,Vol.2012-DPS-151,No. 14,pp.1-6(2012-05).
  15. 隅田麻由,今津眞也,水本旭洋,安本慶一:
    健康指向歩行ナビゲーションのためのスマートフォンによる身体的負担度の推定
    情報処理学会研究報告,Vol.2012-MBL-62,No. 27,pp.1-8(2012-05).
  16. 小山 由,水本旭洋,今津眞也,安本慶一:
    大規模災害時の安否確認システムと広域無線網利用可能エリアへのDTNに基づいたメッセージ中継法
    情報処理学会研究報告,Vol.2012-MBL-62,No.29,pp.1-7(2012-05).
  17. 玉井森彦,安本慶一,福倉寿信,岩井明史:
    道路上の交通量変化に基づく効率のよい渋滞動画像データの収集および配信方式
    情報処理学会研究報告,Vol.2012-MBL-61, No.29,pp. 1-8(2012-03).
  18. 坂本一樹,安本慶一,孫為華,柴田直樹,伊藤実:
    照明点灯パターンの切り替えによる高精度な屋内位置推定法とその評価
    情報処理学会研究報告,Vol.2012-MBL-61, No.26,pp. 1-8(2012-03).

受賞

  1. 2012-10 情報処理学会第20回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ 白鳥賞:
    柏本幸俊, 大野淳司,玉井森彦,安本慶一,スマートなエネルギーの利用に向けた生活の知恵センシングシステム
  2. 2012-09 情報処理学会関西支部大会 学生奨励賞:隅田麻由,楽WALK : スマートフォンを用いた歩行時心拍数推定システム
  3. 2012-07 DICOMO2012シンポジウム 優秀プレゼンテーション賞:河田真宏,仮想ネットワークインターフェースを用いた無線LANネットワークにおける動的負荷分散方式の提案
  4. 2012-07 DICOMO2012シンポジウム 優秀プレゼンテーション賞:Jovilyn Fajardo, Aggregation-Based Information Collection in Disaster Areas
  5. 2012-07 DICOMO2012シンポジウム ヤングリサーチャ賞:中村 勇貴,ユーザの行動履歴に基づくAR効果を用いた日常生活支援手法
  6. 2012-05 第62回情報処理学会MBL研究会 優秀発表賞:隅田麻由,健康指向歩行ナビゲーションのためのスマートフォンによる身体的負担度の推定
  7. 2012-03 第61回情報処理学会MBL研究会 優秀発表賞:玉井森彦,道路上の交通量変化に基づく効率のよい渋滞動画像データの収集および配信方式

平成23年(2011年)

学術論文誌

  1. Ahmed, A., Yasumoto, K., Yamauchi, Y., Ito, M.:
    Probabilistic Coverage Methods in People-Centric Sensing,
    Journal of Information Processing, Vol. 52, No. 10, pp. 2902-2919 (2011-10).
  2. 小谷和也,孫 為華,木谷友哉,柴田直樹,安本慶一,伊藤 実:
    交差点鳥瞰映像の協調撮影と共有を目的とした車車間通信プロトコル
    情報処理学会論文誌,Vol. 52, No. 6, pp. 1980-1992(2011-06).
  3. 布川雄大,孫 為華,安本慶一,伊藤 実:
    MANETによるワンセグ難視聴端末救済手法,情報処理学会論文誌,Vol. 52,No. 2,pp. 829-838(2011-02).
  4. 清川皓太,山本眞也,柴田直樹,安本慶一,伊藤 実:
    3D仮想空間を用いた情報家電のためのリモコンフレームワーク
    情報処理学会論文誌,Vol. 52,No. 2,pp. 596-609(2011-02).
  5. Ahmed, A., Yasumoto, K., Ito, M., Shibata, N., Kitani, T.:
    HDAR: Highly Distributed Adaptive Service Replication for MANETs,
    IEICE Trans. on Information and Systems, Vol. E94-D, No. 1, pp. 91-103 (2011-01).

国際会議

  1. Teruo Higashino, Akira Uchiyama, Keiichi Yasumoto:
    eTriage: A Wireless Communication Service Platform for Advanced Rescue Operations,
    Proc. of ACM Workshop on Internet of Things and Service Platforms (IoTSP 2011) (Dec. 2012) (Invited Paper).
  2. Asaad Ahmed, Keiichi Yasumoto, Yukiko Yamauchi, Minoru Ito:
    Distance and Time Based Node Selection for Probabilistic Coverage in People-Centric Sensing,
    Proc. of IEEE SECON 2011, pp. 134-142 (Jun. 2011).
  3. Nagataki, H., Noguchi, K., Katsuma, R., Yamauchi, Y., Shibata, N., Yasumoto, K., Ito, M.:
    A Distance Learning System with Customizable Screen Layouts for Multiple Learning Situations,
    Proc. of the 3rd Int’l. Conf. on Computer Supported Education (CSEDU 2011), Vol. 1, pp. 94-102 (May 2011).
  4. Yasumoto, K., Nunokawa, Y., Sun, W., Ito, M.:
    Improving Mobile Terrestrial TV Playback Quality with Cooperative Streaming in MANET,
    Proc. of IEEE WCNC 2011, pp. 2101-2106 (Mar. 2011).
  5. Yamamoto, S., Kouyama, N., Yasumoto, K., Ito, M.:
    Maximizing Users Comfort Levels through User Preference Estimation in Public Smartspaces,
    Proc. of the 7th IEEE Int’l. Workshop on PervasivE Learning, Life, and Leisure (PerEL 2011), pp. 187-192 (Mar. 2011).
  6. Mizumoto, T., Sun, W., Yasumoto, K., Ito, M.:
    Transportation Scheduling Method for Patients in MCI using Electronic Triage Tag,
    Proc. of the 3rd Int’l. Conf. on eHealth, Telemedicine, and Social Medicine (eTELEMED 2011), pp. 156-163 (Feb. 2011).

招待講演

  1. 安本慶一,アーメドアサド:Participatory Sensingの研究動向,信学技報 IN2011-83,pp. 25-30 (2011-10).

特許

  1. 安本慶一,柴田直樹,藤原礼征:経路案内装置、経路案内方法、経路案内プログラム、及び経路案内システム,特願2011-079266(出願日:2011年3月31日).

国内ワークショップ・シンポジウム・研究会

  1. 安本慶一,小倉和也,山本眞也,伊藤 実:
    快適度の低下を最小限に抑える省エネデバイス制御手法,情報処理学会
    研究報告,Vol.2011-DPS-149 No.9,pp. 1-8 (2011-11).
  2. 小山 由,水本旭洋,今津眞也,安本慶一:
    災害データベース・Twitter と連携するDTNベース災害安否確認システムの提案
    第19回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011),pp. 89-93(2011-10).
  1. 隅田麻由,今津眞也,水本旭洋,安本慶一:
    健康志向歩行ナビゲーションのための加速度センサによる身体的負担度推定法
    第19回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011),pp. 94-100(2011-10).
  2. 水本旭洋,今津眞也,小山 由,隅田真由,玉井森彦,安本慶一:
    多数傷病者事故における医療支援のための傷病者の位置・生体情報可視化システム
    第19回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011),pp. 115-119(2011-10).
  3. 瓦谷佳祐,松尾真也,脇坂洋祐,孫 為華,柴田直樹,安本慶一:
    実写写真を利用した簡易3Dバーチャル空間作成手法と災害医療支援への応用
    第19回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011),pp. 124-127(2011-10).
  4. 今津眞也,水本旭洋,孫 為華,柴田直樹,安本慶一,伊藤 実:
    食事情報と体重変化履歴に基づいた適正摂取カロリー量の学習支援システム
    第19回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011),pp. 181-187(2011-10).
  5. Jovilyn Therese B. Fajardo, Keiichi Yasumoto, Naoki Shibata,
    Weihua Sun, Minoru Ito:
    Timely In-Network Data Aggregation in Disaster Areas, IPSJ SIG
    technical reports, Vol. 2011-MBL-59 No.3, pp. 1-8 (2011-09).
  6. 脇坂洋祐,北道淳司,柴田直樹,安本慶一,伊藤 実:
    プログラムの処理速度調整に基づいたデータセンタ向け省電力タスクスケジューリング法,情報処理学会研究報告,Vol.2011-HPC-130,No.25,pp. 1-8(2011-07).
  7. 勝間 亮,村田佳洋,柴田直樹,安本慶一,伊藤 実:
    WSNのk重被覆維持時間最大化のための分散計算によるスリープスケジューリング手法
    DICOMO2011シンポジウム論文集, pp. 1391-1398(2011-07).
  8. 坂本一樹, 孫 為華,柴田直樹,安本慶一,伊藤 実:
    照度のフィンガープリンティングとアクティブ照明制御に基づく屋内位置推定手法の提案,DICOMO2011シンポジウム論文集,pp. 928-935(2011-07).
  9. 藤本恭平, 安本慶一, 孫 為華, 山内由紀子, 伊藤 実:
    オブジェクトの監視・追跡を行う無線マルチメディアセンサネットワークの稼働時間延長およびQoS確保のためのルーティング手法
    DICOMO2011シンポジウム論文集, pp. 1156-1166(2011-07).
  10. 柴田直樹,安本慶一,森 將豪:
    過去に観測された品質からのオーバレイリンク品質の推定手法
    情報処理学会研究報告,Vol.2011-DPS-147,No.22,pp.1-8(2011-06).
  11. 今津眞也,水本旭洋,孫 為華,柴田直樹,安本慶一,伊藤 実:
    ユーザのアクティビティと体重変化履歴に基づいた継続性の高い健康支援手法の提案
    情報処理学会研究報告,Vol.2011-UBI-29, No.5,pp. 1-8(2011-03).
  12. Marc T. Kouakou, Shinya Yamamoto, Keiichi Yasumoto, Minoru Ito:
    Cost-Efficient Sensor Placement for Full Coverage of 3D Indoor
    Space with Moving Obstacles
    , IPSJ Technical Report,
    Vol.2011-UBI-29
    , No.21, pp. 1-8 (2011-03).

受賞

  1. 2011-10 DPSWS2011 学生奨励賞:今津眞也,食事情報と体重変化履歴に基づいた適正摂取カロリー量の学習支援システム
  2. 2011-10 DPSWS2011 最優秀デモンストレーション賞:瓦谷佳祐,松尾真也,脇坂洋祐,
    孫 為華,柴田直樹,安本慶一,実写写真を利用した簡易3Dバーチャル空間作成手法と災害医療支援への応用
  3. 2011-10 DPSWS2011 優秀ポスター賞:隅田麻由,今津眞也,水本旭洋,安本慶一,
    健康志向歩行ナビゲーションのための加速度センサによる身体的負担度推定法
  4. 2011-10 DPSWS2011 白鳥賞:小山 由,水本旭洋,今津眞也,安本慶一,
    災害データベース・Twitter と連携するDTNベース災害安否確認システムの提案
  5. 2011-07 DICOMO2011シンポジウム 優秀プレゼンテーション賞:坂本一樹,照度のフィンガープリンティングとアクティブ照明制御に基づく屋内位置推定手法の提案
  6. 2011-07 DICOMO2011シンポジウム 優秀プレゼンテーション賞:藤本恭平,オブジェクトの監視・追跡を行う無線マルチメディアセンサネットワークの稼働時間延長およびQoS確保のためのルーティング手法
  7. 2011-07 DICOMO2011シンポジウム ベストカンバーサント賞:水本旭洋
  8. 2011-03 第57回情報処理学会MBL研究会 優秀発表賞:Marc T. Kouakou,
    Cost-Efficient Sensor Placement for Full Coverage of 3D Indoor Space with Moving Obstacles

Copyright(c) 2010- Ubi-lab, All Rights Reserved.