2015

学術論文誌

  1. Weihua Sun, Naoki Shibata, Masahiro Kenmotsu, Keiichi Yasumoto, Minoru Ito:
    A Method for Navigating Cars in Multilevel Parking Facility, Journal of Information Processing, Vol.23, No.4, pp.488–496.
  2. 米田純,荒川豊,玉井森彦,安本慶一:
    高精度屋内位置情報を利用した直感的な家電操作手法の提案と実装
    情報処理学会論文誌コンシューマ・デバイス&システム,Vol.5,No.1,pp.30–37,2015.
  3. Nuttapoom Amornpashara, Yutaka Arakawa, Morihiko Tamai, and Keiichi Yasumoto:
    Phorec: Context-Aware Photography Support System based on Social Data Analysis
    Journal of Information Processing, Vol.23, No.3, pp.373–380.

国際会議

  1. K. Fujisawa, Y. Hirabe, H. Suwa, Y. Arakawa, K. Yasumoto:
    Automatic Content Curation System for Multiple Live Sport Video Streams,
    Proc. of the 2015 Int’l. Symp. on Multimedia (ISM 2015) (in MIPR 2015), pp. 541-546, 2015.
  2. K. Yoi, K. El-Fakih, K. Yasumoto:
    An Appliance Control System for Reaching Target Temperature and Humidity with Minimal Cost in Smart Home,
    to appear in ICTSS 2015 Graduate Workshop (in conjunction with ICTSS 2015), 2015.
  3. A. Ahmed, H. Suwa, K. Yasumoto:
    Zone-Based Living Activity Recognition Scheme Using Markov Logic Networks,
    Proc. EAI Int’l. Conf. on CYber physiCaL systems, iOt and sensors Networks (CYCLONE 2015), 8 pages, 2015.
  4. Kenki Ueda, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Exploring Accuracy-Cost Tradeoff in In-Home Living Activity Recognition based on Power Consumptions and User Positions,
    to appear in the 14th IEEE International Conference on Ubiquitous Computing and Communications (IUCC 2015), pp.1131–1137, 2015.
  5. Shigeya Morishita, Shogo Maenaka, Daichi Nagata, Morihiko Tamai, Keiichi Yasumoto, Toshinobu Fukukura, Keita Sato:
    SakuraSensor: Quasi-Realtime Cherry-Lined Roads Detection through Participatory Video Sensing by Cars,
    Proc. of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2015), pp. 695-705, 2015.
  6. Yutaka Arakawa:
    SenStick: Sensorize Every Things (Demo),
    to appear in the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2015), 2015.
  7. Shogo Maenaka, Shigeya MORISHITA, Daichi Nagata, Morihiko Tamai, Keiichi Yasumoto, Toshinobu Fukukura, Keita Sato:
    SakuraSensor: A System for Realtime Cherry-Lined Roads Detection by In-Vehicle Smartphones (Demo),
    to appear in the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2015), 2015.
  8. Yuki Matsuda, Takashi Hasegawa, Keiichiro Iwanami, Naoya Saito, Takuya Ishioka, Ismail Arai, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    WaistonBelt: A Belt for Monitoring Your Real Abdominal Circumference Forever (Demo),
    to appear in the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2015), 2015.
  9. Seigi Matsumoto, Yutaka Arakawa, Edgar Marko Trono, Keiichi Yasumoto:
    RecureShare – Internet-less application distribution mechanism for internet-less emergency communication systems,
    the 5th International Workshop on Pervasive Networks for Emergency Management (PerNEM 2015), 2015.
    St. Louis, Missouri, USA, Mar. 27, 2015.
  10. Kenki Ueda, Morihiko Tamai, Keiichi Yasumoto:
    A Method for Recognizing Living Activities in Homes using Positioning Sensor and Power Meters,
    the 2nd IEEE PerCom Workshop on Smart Environments: Closing the Loop (SmartE 2015), 2015.
    St. Louis, Missouri, USA, Mar. 23, 2015.
  11. Masaru Eto, Ryo Katsuma, Morihiko Tamai, Keiichi Yasumoto:
    Efficient Coverage of Agricultural Field with Mobile Sensors by Predicting Solar Power Generation,
    The 29th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA2015), 2015.
    Gwangju, Korea, Mar. 25–27, 2015.
  12. Daichi Nagata, Yutaka Arakawa, Takatomi Kubo, and Keiich Yasumoto:
    Effective Napping Support System by Hypnagogic Time Estimation based on Heart Rate Sensor(Poster) ,
    ACM 6th Augmented Human International Conference (AH2015), pp. 201–202, 2015.
    Singapore, Mar. 9-11, 2015.
  13. Daichi Nagata, Shogo Maenaka, Shigeya Morishita, Morihiko Tamai, Keiichi Yasumoto, Toshinobu Fukukura, Keita Sato:
    SakuraSensor: A Participatory Sensing System for Detecting Flowering Cherries with Car-Mounted Smartphones (Poster),
    ACM HotMobile 2015, 2015.
    Santa Fe, New Mexico, USA, Feb. 12-13, 2015.
  14. Akira Ito, Yutaka Arakawa, Hirohiko Suwa and Akira Fukuda:
    Region-to-Region Similarity Analysis based on Foursquare Venue Database(Poster),
    ACM HotMobile 2015, 2015.
    Santa Fe, New Mexico, USA, Feb. 12–13, 2015.
  15. Edgar Marko Trono, Yutaka Arakawa, Morihiko Tamai, Keichi Yasumoto:
    DTN MapEx: Disaster Area Mapping through Distributed Computing over a Delay Tolerant Network
    ICMU2015, pp. 179–184, 2015.
    Hakodate, Japan, Jan. 20–22, 2015.
  16. Nuttapoom Amornpashara, Yutaka Arakawa, Morihiko Tamai, and Keiichi Yasumoto:
    Landscape Photo Classification Mechanism for Context-Aware Photography Support System
    IEEE 33rd International Conference on Consumer Electronics (ICCE 2015), pp. 663–666, 2015.
    Las Vegas, USA, Jan. 9–12, 2015.

国内ワークショップ・シンポジウム・研究会

  1. 松田 裕貴, 荒川 豊, 安本 慶一:
    DyPRoS:地域情報発信のための動的フォトロゲイニングシステム,
    HCGシンポジウム2015, 6 pages, pp.480–485,
    富山県富山市, 2015年12月18日.
  2. 中村 優吾, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 山口 弘純, 安本 慶一:
    多様なIoTデータストリームをクラウドレスで分散処理するミドルウェアの設計,
    第77回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会, 8 pages, pp.1–8,
    愛知県豊田市, 2015年12月4日.
  3. Akpa Elder, Kazuki Fujisawa, Trono Marko, Konan Cedric, Brou William, Keiichi Yasumoto:
    CuraCopter: Automated player Tracking and video Curating System by using UAV for Sport Sessions,
    第77回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会 – Work in Progress, 5 pages, pp.1–6,
    愛知県豊田市, 2015年12月2日.
  4. 中川 愛利, 諏訪 博彦, 藤本 まなと, 荒川 豊, 安本 慶一:
    リアルタイム行動認識システム開発のためのデータ収集と分析,
    第77回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会 – Work in Progress, 5 pages, pp.1–6,
    愛知県豊田市, 2015年12月2日.
  5. 河村 一輝, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    飲食店向け不動産営業を支援する
    申し込み顧客推薦システムの提案
    ,
    ARG 第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, pages, pp.,
    東京都千代田区, 2015年11月29日.
  6. 駒井 清顕, 藤本 まなと, 荒川 豊, 諏訪 博彦, 安本 慶一:
    複数人の行動・移動状況の把握を目標としたiBeaconによる存在領域判 定システムの検討,
    第23回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2015)論文集, 7 pages, pp.71–77,
    長崎県雲仙市, 2015年10月14日.
  7. 松本 誠義, 荒川 豊, 安本 慶一:
    RecurChat: 端末間でアプリ配布可能なBluetoothChatシステム,
    第23回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2015)論文集, 7 pages, pp.121–127,
    長崎県雲仙市, 2015年10月15日.
  8. 中村 優吾, 松田 裕貴, 荒川 周造, 金平 卓也, 安本 慶一:
    GAIFoT:情報流を活用した地域分散型アンビエントインターフェース, ポスター発表,
    第23回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2015)論文集, 6 pages, pp.264–269,
    長崎県雲仙市, 2015年10月14日.
  9. 森下 慈也, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    自転車ツーリングにおける適正ルート推薦システム, デモ発表,
    第23回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2015)論文集, 3 pages, pp.206–208,
    長崎県雲仙市, 2015年10月14日.
  10. 守谷 一希, 中川 愛梨, 前田 直樹, 宵 憲治, 安本 慶一:
    スマートホーム内における人物行動と家電状態の3D可視化システム, デモ発表,
    第23回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2015)論文集, 3 pages, pp.218–220,
    長崎県雲仙市, 2015年10月14日.
  11. 中村 優吾, 松田 裕貴, 荒川 周造, 金平 卓也, 安本 慶一:
    屋内空間の状況推定に基づく移動支援システムの提案, ポスター発表,
    電子情報通信学会技術研究報告, コンピュータシステム研究会 (CPSY) ,
    千葉県幕張市, 2015年10月8日.
  12. 守谷 一希, 中川 愛梨, 前田 直樹, 宵 憲治, 安本 慶一:
    WebGLを用いた3D可視化によるスマートホーム居住者の生活行動再現システム, ポスター発表,
    電子情報通信学会技術研究報告, コンピュータシステム研究会 (CPSY) ,
    千葉県幕張市, 2015年10月8日.
  13. 守谷 一希, 藤本 まなと, 荒川 豊, 安本 慶一:
    照明装置の順点灯制御と照度-距離モデルに基づく屋内位置推定手法とその評価
    情報処理学会研究報告,2015年度情報処理学会関西支部支部大会, 2015.
    大阪府大阪市, 2015年9月28日.
  14. 杉田 敢, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    食事・行動履歴に基づく非侵襲的空腹度推定手法
    情報処理学会研究報告,2015年度情報処理学会関西支部支部大会, 2015.
    大阪府大阪市, 2015年9月28日.
  15. 河村 一輝, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    飲食店向け不動産営業を支援する申し込み顧客推薦手法の提案
    情報処理学会研究報告,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム
    pp. 588–593, 2015.
    岩手県八幡平市,2015年7月8日.
  16. 藤澤 和輝, 平部 裕子, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    複数カメラで撮影したスポーツ映像ストリームの実時間自動編纂システムの提案
    情報処理学会研究報告,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム
    pp. 1010–1018, 2015.
    岩手県八幡平市,2015年7月9日.(優秀プレゼンテーション賞)
  17. 前中 省吾, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    ウォーキング支援のための心拍数予測に基づいた最適経路探索手法
    情報処理学会研究報告,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム
    pp. 1186–1193, 2015.
    岩手県八幡平市,2015年7月9日.(優秀論文賞)
  18. 森下 慈也, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    自転車ツーリングにおける適正ルート推薦システム
    情報処理学会研究報告,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム
    pp. 1194–1199, 2015.
    岩手県八幡平市,2015年7月9日.
  19. 宵 憲治, Khaled El-Fakih (Department of Computer Science and Engineering, American University of Sharjah), 安本 慶一:
    スマートホームにおいて目標温湿度環境への遷移を最小コストで実現する家電制御システム
    情報処理学会研究報告,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム
    pp. 1418–1423, 2015.
    岩手県八幡平市,2015年7月10日.(優秀論文賞, 優秀プレゼンテーション賞)
  20. 松田裕貴,新井イスマイル,荒川豊,安本慶一:
    街灯これくしょん:夜道の明るさをセンシングする参加型アプリケーション
    電子情報通信学会技術研究報告,ヒューマンプローブ研究会(HPB),
    pp. 9–14,2015.
    静岡県熱海市,2015年6月19日.
  21. 柏本幸俊,荒川豊,安本慶一:
    床に貼り付けた振動センサによるスマートハウス向け屋内位置推定システムの検討
    情報処理学会研究報告,ユビキタスコンピューティングシステム研究会,
    Vol. 2015-UBI-45,No. 31,pp. 1–4,2015.東京都江東区,2015年3月2日.
  22. 柏本幸俊,荒川豊,安本慶一:
    デッドレコニングの高精度化に向けた超音波による歩幅補正法
    情報処理学会研究報告,ユビキタスコンピューティングシステム研究会,
    Vol. 2015-UBI-45,No. 56,pp. 1–6,2015.東京都江東区,2015年3月2日.
  23. 上田健揮,諏訪博彦,荒川豊,安本慶一:
    センサデータ粒度が宅内行動認識精度に与える影響について
    情報処理学会研究報告,ユビキタスコンピューティングシステム研究会,
    Vol. 2015-UBI-45. No. 9,pp. 1–6,2015.東京都江東区,2015年3月2日.
  24. 前中省吾,杉田敢,諏訪博彦,荒川豊,安本慶一:
    心拍数予測に基づいたウォーキング支援システム
    電子情報通信学会技術研究報告,ヘルスケア・医療情報通信技術研究会(MICT),
    Vol. 114,No. 419,MICT2014-68,pp. 61–66,2015.
    和歌山県西牟婁郡,2015年1月27日.
  25. 久米由花, Edgar Marko Trono. 荒川豊, 安本慶一, 有吉正行:
    スマートフォン内蔵センサを用いた斜面モニタリングシステムと気圧情報に基づくルーティング手法の提案
    電子情報通信学会技術研究報告,モバイルネットワークとアプリケーション研究会 (MoNA) ,
    Vol. 114,No. 417,MoNA2014-62,pp. 25–30,2015.
    和歌山県西牟婁郡,2015年1月26日.
  26. Edgar Marko Trono, Yuka Kume, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto, Masayuki Ariyoshi:
    [技術展示]Implementation of a mountainside sensor network with an ambient air pressure-based routing scheme
    電子情報通信学会技術研究報告,知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN) ,
    Vol. 114,No. 418,ASN2014-131,pp. 125–127,2015.
    和歌山県西牟婁郡,2015年1月26日. (若手研究奨励賞)
  27. 伊藤晶, 荒川豊, 諏訪博彦, 福田晃:
    飲食用不動産向け集客ポテンシャル分析に向けた地域の類似度分析
    社会情報システム学シンポジウム,2015.
    東京都調布市,2015年1月22日.

受賞

  1. ASN研究会主催センサアプリケーションアイデアコンテスト -テクニカル賞 : 荒川 豊:SenStick
  2. ICTビジネスモデル発見&発表会近畿大会 – 研究者特別賞 : 荒川 豊:SenStick
  3. MBL/ITS合同研究発表会 – 優秀発表 : 中村 優吾, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 山口 弘純(大阪大), 安本 慶一:多様なIoTデータストリームをクラウドレスで分散処理するミドルウェアの設計
  4. MBL/ITS合同研究発表会Work in Progress – Work in Progress奨励賞 : Elder Akpa, Kazuki Fujisawa, Cedric Konan, Marko Trono, William Brou, Keiichi Yasumoto:CuraCopter: Automated Player Tracking and Video Curating System by using UAV for Sport Sessions
  5. MBL/ITS合同研究発表会Work in Progress – Work in Progress奨励賞 : 中川 愛梨,諏訪 博彦,藤本 まなと, 荒川 豊, 安本 慶一:リアルタイム行動認識システム開発のためのデータ収集と分析
  6. ARG 第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会 – 学生奨励賞 : 河村一輝, 諏訪 博彦,荒川 豊, 安本 慶一:飲食店向け不動産営業を支援する
    申し込み顧客推薦システムの提案
  7. Mashup Awards 11 – IoTNEWS企業賞 : 松田 裕貴,中村 優吾,長谷川 高志(明石工業高等専門学校):ベルト型自動腹囲測定ウェアラブルデバイス「おなかのげんじつ2」
  8. OIHスタートアップピッチ2015 – 総務省近畿総合通信局長賞 : 松田 裕貴,中村 優吾,長谷川 高志(明石工業高等専門学校):ベルト型自動腹囲測定ウェアラブルデバイス「おなかのげんじつ」
  9. DPSWS2015 – 奨励賞 : 松本 誠義, 荒川 豊, 安本 慶一:RecurChat: 端末間でアプリ配布可能なBluetoothChatシステム
  10. DPSWS2015 – ポスター賞 : 中村 優吾, 松田 裕貴, 荒川 周造, 金平 卓也, 安本 慶一 : GAIFoT:情報流を活用した地域分散型アンビエントインターフェース
  11. Field TechUP Program – NEC賞 : 宵 憲治, 松本 誠義, 森下 慈也, 中村 優吾, 中川 愛梨 : ダイエット支援ロボ「BMI48」
  12. Field TechUP Program – IDCフロンティア賞 : 松田 裕貴, 守谷 一希, 金平 卓也, 荒川 周造, 小芝 涼太, 田村 洋輔 : 調味料から健康に「ちょみけん」
  13. 第3回学生スマートフォンアプリコンテスト – 優秀プレゼンテーション賞 : 森下 慈也 : Cycling with YOU
  14. 情報処理学会関西支部支部大会 – 学生奨励賞 : 守谷 一希, 藤本 まなと, 荒川 豊, 安本 慶一 : 照明装置の順点灯制御と照度-距離モデルに基づく屋内位置推定手法とその評価
  15. みんなのラズパイコンテスト – 技術賞 : 柏本 幸俊 : フィンランドで日本の日の出を体験する「Wake up as in Japan」
  16. UbiComp2015 – Honorable Mention Award : Shigeya Morishita, Shogo Maenaka, Daichi Nagata, Morihiko Tamai, Keiichi Yasumoto, Toshinobu Fukukura, Keita Sato : SakuraSensor: Quasi-Realtime Cherry-Lined Roads Detection through Participatory Video Sensing by Cars
  17. DICOMO2015 – 優秀論文賞 : 前中 省吾, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一 : ウォーキング支援のための心拍数予測に基づいた最適経路探索手法
  18. DICOMO2015 – 優秀論文賞 : 宵 憲治, Khaled El-Fakih (American Univ. of Sharjah), 安本 慶一 : スマートホームにおいて目標温湿度環境への遷移を最小コストで実現する家電制御システム
  19. DICOMO2015 – 優秀プレゼンテーション賞 : 藤澤 和輝, 平部 裕子, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一 : 複数カメラで撮影したスポーツ映像ストリームの実時間自動編纂システムの提案
  20. DICOMO2015 – 優秀プレゼンテーション賞 : 宵 憲治, Khaled El-Fakih (American Univ. of Sharjah), 安本 慶一 : スマートホームにおいて目標温湿度環境への遷移を最小コストで実現する家電制御システム
  21. 2014年度長尾真記念研究賞 : 荒川豊 :人に寄り添うモバイルアプリケーションに関する先駆的かつ実証的研究
  22. 情報処理学会2014年度論文賞 : Jovilyn Therese B. Fajardo,Keiichi Yasumoto,Naoki Shibata,Weihua Sun,Minoru Ito : Disaster Information Collection with Opportunistic Communication and Message Aggregation
  23. ASN研究会 – 若手研究奨励賞 : Edgar Marko Trono :Implementation of a mountainside sensor network with an ambient air pressure-based routing scheme
  24. オムロンコトチャレンジ – 最優秀賞 :松田 裕貴: おなかのげんじつ
  25. 第74回MBL研究会 – 優秀発表 :柏本幸俊,荒川豊,安本慶一 :デッドレコニングの高精度化に向けた超音波による歩幅補正法
  26. 第45回UBI研究会 – 学生奨励賞 :柏本幸俊,荒川豊,安本慶一:床に貼り付けた振動センサによるスマートハウス向け屋内位置推定システムの検討
  27. 第45回UBI研究会 – 学生奨励賞 :上田健揮,荒川豊,諏訪博彦,安本慶一:センサデータ粒度が宅内行動認識精度に与える影響について

招待講演

  1. Keiichi Yasumoto:Information Flow of Things: Sensing, Networking, and Processing Technologies for Real-time Utilization of IoT Data
    The 22nd International Display Workshops (IDW2015)(2015-12-09).
  2. 荒川豊:IoTが開く未来とケーブルテレビの役割
    第28回ケーブルマン・オブ・ザ・イヤー2015(2015-12-08).
  3. 安本慶一:スマートライフの実現に向けた日常生活データ分析
    けいはんなビッグデータフォーラム(2015-03-09).