2017

学術論文誌

  1. Yugo Nakamura, Yutaka Arakawa, Takuya Kanehira, Masashi Fujiwara, and Keiichi Yasumoto:
    SenStick: Comprehensive Sensing Platform with an Ultra Tiny All-In-One Sensor Board for IoT Research
    Journal of Sensors, vol. 2017, Article ID 6308302, 16 pages, 2017. doi:10.1155/2017/6308302
  2. Elder Akpa A.H, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Smartphone-based Food Weight and Calorie Estimation Method for Effective Food Journaling
    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.10, No.5, pp.360-369, Sept 2017.
  3. Masashi Fujiwara, Yukitoshi Kashimoto, Manato Fujimoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Implementation and Evaluation of Analog-PIR-sensor-based Activity Recognition
    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.10, No.5, pp.385-392, Sept 2017.
  4. 岩本茂子,小川祐樹,諏訪博彦,太田敏澄:
    つぶやきトピックによる残業意欲の分析
    電子情報通信学会論文誌D, Vol.J100-D,No.8,pp760-772,2017年8月.
  5. Yutaka Arakawa:
    Empirical research on human behavior change and digital intervention through maintaining one-way car-sharing,”
    International Journal of Service and Knowledge Management, Vol.1, No.1, pp.31–42, 2017.
  6. 河中祥吾,高橋雄太,雨森千周,藤本まなと,荒川豊,藤原晶,福島徹也,松原敬信:
    競技者の負担を軽減した自転車競技向け参加型位置共有システムの実装と評価
    情報処理学会論文誌コンシューマ・デバイス&システム(CDS), Vol. 7, No. 2, pp.12-23, 2017年5月.
  7. 水本旭洋,宵憲治,カレッドエル=ファキ,安本慶一:
    スマートスペースにおける最小コストでのコンテキスト遷移を可能にするデバイス操作系列導出ツール
    情報処理学会論文誌,Vol.58,No.2,pp.396–408,2017年2月.
  8. Yukitoshi Kashimoto, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Room measurement tool combining ultrasonic sensor and inertial sensor in smartphone,
    Int. J. of Ad Hoc and Ubiquitous Computing (accepted)
  9. Edgar Marko Trono, Manato Fujimoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Generating pedestrian maps of disaster areas through ad-hoc deployment of computing resources across a DTN,
    Computer Communications, vol. 100, pp. 129-142, March 2017.
  10. 柏本幸俊,秦恭史,中川愛梨,諏訪博彦,藤本まなと,荒川豊,繁住健哉,小宮邦裕,小西健太,安本慶一:
    エナジーハーベスト焦電型赤外線・ドア開閉センサと家電消費電力に基づいた宅内生活行動認識システム
    情報処理学会論文誌,Vol.58,No.2,pp.409–418, 2017年2月.
  11. 河村一輝,諏訪博彦,小川祐樹,荒川豊,安本慶一,太田敏澄:
    飲食店向け 不動産営業を支援する申込み顧客推薦モデルの提案
    人工知能学会論文誌,Vol.32,No.1,pp.WII-O_1-10,2017年1月

国際会議

  1. Hirohiko Suwa, Yuki Ogawa, Eiichi Umehara, Kento Kakigi, Keiichi Yasumoto, Tatsuo Yamashita, Kota Tsubouchi:
    Develop Method to Predict the Increase in the Nikkei VI index,
    2nd International Workshop on Application of Big Data for Computational Social Science, Dec. 2017.
  2. Hirohiko Suwa, Akinori Ihara, Raula Gaikovina Kula, Daiki Fujibayashi and Kenichi Matsumoto:
    An Analysis of Library Rollbacks: A Case Study of Java Libraries,
    1st International Workshop on Software-driven Big Data Analytics, Dec. 2017.
  3. Chishu Amenomori, Teruhiro Mizumoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    A Method for Simplified HRQOL measurement by Smart Devices,
    7th EAI International Conference on Wireless Mobile Communication and Healthcare (MobiHealth 2017), Nov. 2017.
  4. Teruhiro Mizumoto, Krita Pattamasiriwat, Yutaka Arakawa and Keiichi Yasumoto:
    Improving Recognition Accuracy for Activities of Daily Living by Adding Time and Area Related Features,
    The Tenth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking(ICMU2017, Oct. 2017.
  5. Shogo Kawanaka, Yukitoshi Kashimoto, Aryan Firouzian , Yutaka Arakawa, Petri Pulli , Keiichi Yasumoto:
    Approaching Vehicle Detection Method with Acoustic Analysis using Smartphone for Elderly Bicycle Driver,
    The Tenth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking(ICMU2017, Oct. 2017.
  6. Yuta Takahashi, Naoki Shirakura, Kenta Toyoshima, Takuro Amako, Ryota Isobe, Jun Takamatsu, and Keiichi Yasumoto:
    DeepRemote: A Smart Remote Controller for Intuitive Control through Home Appliances Recognition by Deep Learning,
    The Tenth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2017), Oct. 2017. (accepted)
  7. Kazuma Nagano, Yutaka Arakawa and Keiichi Yasumoto:
    TrackThink: A tool for Tracking a Thought Process on Web Search,
    4th workshop on Ubiquitous Technologies for Augmenting the Human Mind (WAHM 2017), Sept. 2017.
  8. Akpro Elder H. Akpa, Edith Talina Luhanga, Takata Masashi, Ko Watanabe and Keiichi Yasumoto:
    Smart Gyms Need Smart Mirrors: Design of A Smart Gym Concept through Contextual Inquiry,
    2nd International Workshop on Intelligent Personal Support of Human Behavior (SmartGuidance’ 17), Sept. 2017.
  9. Manato Fujimoto:
    Smart Sensing for Automatic Care Report Generation in Day Care Center,
    2017 International Workshop on Smart Info-Media System in Asia (SISA 2017), Sept. 2017.
  10. Shogo Maenaka, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    Recommending Optimal Route for Walking Support based Heart Rate Prediction,
    The Second International Workshop on Smart Sensing Systems (IWSSS’17), Aug. 2017.
  11. Masato Hidaka, Yuki Matsuda, Shogo Kawanaka, Yugo Nakamura, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    A System for Collecting and Curating Sightseeing Information toward Satisfactory Tour Plan Creation,
    The Second International Workshop on Smart Sensing Systems (IWSSS’17), Aug. 2017.
  12. Yuko Hirabe, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, Hirohiko Suwa, and Keiichi Yasumoto:
    Effect on Group Detection Based on Human Proximity for Human Relationship Extraction in Daily Life,
    International Workshop on Applications of Wireless Ad hoc and Sensor Networks (AWASN’ 17), Aug. 2017.
  13. Yuta Takahashi, Teruhiro Mizumoto:
    An Identification Method of IR Signals to Collect Control Logs of Home Appliances,
    2nd International Conference on Big Data, Cloud Computing, and Data Science Engineering (BCD 2017), July. 2017.
  14. Akinori Ihara, Daiki Fujibayashi, Hirohiko Suwa, Raula Gaikovina Kula, and Kenichi Matsumoto,
    Understanding When to Adapt a Library: A Case Study on ASF Projects
    The 13th International Conference on Open Source Systems 2017(OSS 2017), May 22-23, 2017.
  15. Yutaka Arakawa:
    Empirical Research on
    Behavior Change promoted by Information Technology
    ,
    The 16th ACM/IEEE International Conference on Information Processing in Sensor Networks(IPSN 2017), April 18-21, 2017.
  16. Teruo Higashino, Hirozumi Yamaguchi, Akihito Hiromori, Akira Uchiyama and Keiichi Yasumoto:
    Edge Computing and IoT Based Research for Building Safe Smart Cities Resistant to Disasters,
    Proceedings of 37th IEEE International Conference on Distributed Computing Systems (ICDCS 2017), 2017.
  17. Kazuki Moriya, Eri Nakagawa, Manato Fujimoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Aki Kimura, Satoko Miki, and Keiichi Yasumoto:
    Daily Living Activity Recognition with ECHONET Lite Appliances and Motion Sensors
    First International Workshop on Mobile and Pervasive Internet of Things (PerIoT 2017), 2017.
  18. Eri Nakagawa, Kazuki Moriya, Hirohiko Suwa, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    Toward Real-Time In-Home Activity Recognition Using Indoor Positioning Sensor and Power Meters
    The First International Workshop on Pervasive Smart Living Spaces (PerLS 2017), 2017.
  19. Konan Cedric, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    EmoBGM: estimating sound’s emotion for creating slideshows with suitable BGM
    1st Workshop on emotion awareness for pervasive computing with mobile and wearable devices (EmotionAware 2017), 2017.
  20. Ryota Koshiba, Yuko Hirabe, Manato Fujimoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    Group Detection Based on User-to-User Distance in Everyday life for Office Lunch Group Recommendation
    The 5th International Workshop on Collaborative Enterprise Systems (COLLABES-2017), 2017.
  21. Yukitoshi Kashimoto, Masashi Fujiwara, Manato Fujimoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    ALPAS: Analog-PIR-sensor-based Activity Recognition System in Smarthome
    The 31st IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2017), 2017.
  22. Yukitoshi Kashimoto, Tatsuya Morita, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, Hirohiko Suwa, Keiichi Yasumoto:
    Sensing Activities and Locations of Senior Citizens toward Automatic Daycare Report Generation
    The 31st IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2017), 2017.

国内ワークショップ・シンポジウム・研究会

  1. 梅木寿人,中村優吾,水本旭洋,藤本まなと,諏訪博彦,荒川豊,安本慶一:
    混雑情報を考慮した災害発生時の避難場所決定手法に関する一検討,
    第25回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2017),北海道,2017年10月.
  2. 金谷勇輝, 中村優吾, 諏訪博彦, 荒川豊, 安本慶一:
    観光動画キュレーションの実現に向けたハイライト抽出手法の検討,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.
  3. 高田将志, 荒川豊, 安本慶一:
    効果的なパーソナルワークアウトに向けたウェアラブルデバイスによる種別認識の検討,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.
  4. 永野一馬, 荒川豊, 安本慶一:
    Web検索時の思考プロセスの形式化に向けた解析手法の検討,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.
  5. 徳田博行, 高橋雄太, 音田恭宏, 金谷勇輝, 荒川豊, 安本慶一:
    アイウェアによる集中力センシングに基づいた行動変容誘発システムの設計,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.
  6. 佐々木渉,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    スマートホームにおける個人行動モデルを使用した行動予測手法の検討,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.(発表予定)
  7. 高城賢大,高橋雄太,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    コールセンタにおけるヘッドモーションセンシングによるストレス検知システムの検討,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.
  8. 渡邉洸,高城賢大,高橋雄太,音田恭宏,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    内的活性度の振り返りを支援するための生体情報を含むキャンパスライフログシステムの設計,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.
  9. 張志華,高橋雄太,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    行動変容を誘発するためのインタラクティブサイネージの検討,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.
  10. 高橋雄太,音田恭宏,藤本まなと,荒川豊:
    歩行リハビリ支援のためのセンサ装着杖を介した歩行動作認識手法の提案,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2017)シンポジウム,北海道,2017年6月.
  11. 河中祥吾,松田裕貴,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    スマートフォンで撮影した近接群衆画像からの混雑度推定手法に関する一検討,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2017)シンポジウム,北海道,2017年6月.
  12. 松田裕貴,河中祥吾,諏訪博彦,荒川豊,安本慶一:
    ユーザ参加型センシングの割り込みに対する応答性調査 〜時空間データとタスク難易度およびユーザ属性による考察〜,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2017)シンポジウム,北海道,2017年6月.
  13. 雨森千周,水本旭洋,荒川豊,安本慶一:
    WHOQOL-BREFに基づくHRQOL評価におけるスマートデバイスを用いた簡易計測手法の提案,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2017)シンポジウム,北海道,2017年6月.
  14. 水本旭洋,Pattamasiriwat Krita,荒川豊,安本慶一:
    時間関連特徴量の追加による宅内行動推定精度の改善
    第83回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL)研究会,北谷美浜メディアステーション,沖縄県,2017年6月.
  15. 秦恭史,諏訪博彦,岸本康成,藤原靖宏,新井淳也,飯田恭弘,岩村相哲,鳥海不二夫,安本慶一:
    東日本大震災におけるクラスタリングに基づく情報拡散度の比較
    第31回人工知能学会全国大会,愛知,2017年5月.
  16. 荒川周造,諏訪博彦,小川祐樹,荒川豊,安本慶一,太田敏澄:
    暗黙知センシングに基づいた飲食店向き不動産店舗の賃料推定
    第31回人工知能学会全国大会,愛知,2017年5月.
  17. 荒川豊:
    行動変容によるサステイナブルな乗り捨て型カーシェアシステムの実現に向けて
    電子情報通信学会2017年総合大会,名城大学 天白キャンパス,名古屋市,2017年3月.
  18. 水本旭洋,高橋雄太,前田直樹,安本慶一:
    未知の家電制御信号に適応可能な対話型家電操作ログ収集システムの提案
    情報処理学会 第79回全国大会,名古屋大学 東山キャンパス,愛知,2017年3月.
  19. 梅木寿人,藤原聖司,荒川豊,諏訪博彦,安本慶一:
    省電力アンビエントセンシングの実現に向けたエナジーハーベスティング技術に関する調査
    情報処理学会 第79回全国大会,名古屋大学 東山キャンパス,愛知,2017年3月.
  20. 森田達弥,藤原聖司,荒川豊,諏訪博彦,安本慶一:
    大規模屋内空間の効率良い計測に向けた小型・省電力アンビエントセンサの設計開発
    情報処理学会 第79回全国大会,名古屋大学 東山キャンパス,愛知,2017年3月.
  21. 藤原聖司,梅木寿人,森田達弥,荒川豊,諏訪博彦,安本慶一:
    省電力なセンサとエッジノードの協調分散処理による消費電力の調査
    情報処理学会 第79回全国大会,名古屋大学 東山キャンパス,愛知,2017年3月.
  22. 音田恭宏,水本旭洋,荒川周造,小花光広(岡村製作所),中島千尋(岡村製作所),上西基弘(岡村製作所),荒川豊,安本慶一:
    着座姿勢に基づくワークプレイスの高機能化の検討
    情報処理学会 第79回全国大会,名古屋大学 東山キャンパス,愛知,2017年3月.
  23. 金平卓也,荒川豊,安本慶一:
    不完全なPOI名称に対する機械学習によるカテゴリ推定手法
    情報処理学会 第79回全国大会,名古屋大学 東山キャンパス,愛知,2017年3月.
  24. 金平卓也,荒川豊,安本慶一:
    マイマップによる類似マイマップ検索システムの提案と実装
    第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017),高山グリーンホテル,岐阜県,2017年3月.
  25. 秦恭史,諏訪博彦,岸本康成(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),藤原靖宏(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),新井淳也(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),飯田恭弘(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),岩村相哲(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),鳥海不二夫(東京大学),安本慶一:
    ソーシャルネットワークのグラフマイニング,
    ビッグデータ分析技術ワークショップ〜大規模グラフマイニング技術と応用〜,高山市民文化会館,岐阜,2017年3月.
  26. 日高真人,松田裕貴,河中祥吾,中村優吾,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    実時間観光コンテンツ提供に向けた観光情報収集・キュレーションシステムの提案
    第68回高度交通システムとスマートコミュニティ研究発表会,公立はこだて未来大学,北海道,2017年3月.
  27. 中村優吾,水本旭洋,諏訪博彦,荒川豊,山口弘純(大阪大),安本慶一:
    IoTデータ流の実時間処理を実現するIoTデバイス向け分散処理ミドルウェアの設計と評価,
    第82回モバイルコンピューティングとパーペイシブシステム研究会,東京大学 本郷キャンパス,東京都,2017年3月.
  28. 河中祥吾,高橋雄太,雨森千周,藤本まなと,荒川豊,安本慶一:
    自転車競技向け参加型位置共有システムにおけるBLEビーコンの出力変化による捕捉率の影響,
    第82回モバイルコンピューティングとパーペイシブシステム研究会,東京大学 本郷キャンパス,東京都,2017年3月.
  29. 千住琴音,水本旭洋,荒川豊,安本慶一:
    ワンウェイ方式カーシェアリングにおける利用者へのトリップ依頼による車両偏在削減手法の提案,
    社会システムと情報技術研究ウィーク in ルスツリゾート ,ルスツリゾートホテル,北海道,2017年3月.
  30. 秦恭史,諏訪博彦,岸本康成(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),藤原靖宏(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),新井淳也(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),飯田恭弘(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),岩村相哲(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),鳥海不二夫(東京大学),安本慶一:
    クラスタリングに基づく東日本大震災前後の情報拡散度の比較,
    社会システムと情報技術研究ウィーク in ルスツリゾート ,ルスツリゾートホテル,北海道,2017年3月.
  31. 荒川周造,諏訪博彦,小川祐樹(立命館大学),荒川豊,安本慶一,太田敏澄:
    暗黙知に基づく飲食店用不動産物件の賃料推定システム,
    社会システムと情報技術研究ウィーク in ルスツリゾート,ルスツリゾートホテル,北海道,2017年3月.
  32. 松田 裕貴,Akpa Akpro Elder Hippocrate,Konan N’djabli Cedric Ange,中村 優吾,前田 直樹,千住 琴音,荒川 豊:
    位置情報サービスにおける個人特化型ゲーミフィケーション 〜スタンプラリーイベントを通じた「慣れ」「飽き」の調査〜,
    社会システムと情報技術研究ウィーク in ルスツリゾート,ルスツリゾートホテル,北海道,2017年3月.
  33. 音田恭宏,水本旭洋,荒川周造,小花光広(岡村製作所),中島千尋(岡村製作所),上西基弘(岡村製作所),荒川豊,安本慶一:
    椅子に装着したモーションセンサを用いた着座姿勢推定手法,
    電子情報通信学会 ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会,大濱信泉記念館(石垣島),2017年3月02-03.
  34. 荒川周造,諏訪博彦,小川祐樹(立命館大学),荒川豊,安本慶一,太田敏澄:
    潜在的情報を用いた飲食店用不動産賃料推定モデル,
    第23回社会情報システム学シンポジウム,電気通信大学,東京都,2017年2月.
  35. 秦恭史,諏訪博彦,岸本康成(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),藤原靖宏(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),新井淳也(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),飯田恭弘(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),岩村相哲(NTTソフトウェアイノベーションセンタ),鳥海不二夫(東京大学),安本慶一:
    東日本大震災におけるクラスタリングに基づく重要アカウントの発見,
    社会情報システム学研究会 第23回社会情報システム学シンポジウム,電気通信大学,東京都,2017年2月.
  36. 荒川豊,諏訪博彦,安本慶一:
    網内省電力データプロセシング技術の研究開発について,
    電子情報通信学会ASN研究会,大分・別府,2017年1月19−20日.
  37. 木戸勇太,雨森千周,藤原聖司,音田恭宏,水本旭洋,安本慶一:
    ユーザの嗜好に合わせた調味料の分量調整支援に向けたスマート調味料入れの開発,
    第169回マルチメディア通信と分散システム(DPS)研究会,リフレッツ勝浦 (旧 富士通ヴィラ勝浦),千葉県,2017年1月19−20日.

受賞

  1. ICMU2017 Best Student Paper Award: Yuta Takahashi, Naoki Shirakura, Kenta Toyoshima, Takuro Amako, Ryota Isobe, Jun Takamatsu, Keiichi Yasumoto:DeepRemote: A Smart Remote Controller for Intuitive Control through Home Appliances Recognition by Deep Learning
  2. DICOMO2017 最優秀プレゼンテーション賞: 松田裕貴: ユーザ参加型センシングの割り込みに対する応答性調査 ~時空間データとタスク難易度およびユーザ属性による考察~
  3. DICOMO2017 優秀プレゼンテーション賞: 雨森千周:WHOQOL-BREFに基づくHRQOL評価におけるスマートデバイスを用いた簡易計測手法の提案
  4. DICOMO2017 ベストカンバーサント賞: 諏訪博彦
  5. DICOMO2017 活動功労賞: 安本慶一
  6. DICOMO2017 ナイトテクニカルセッション: 中村優吾,松田裕貴,音田恭宏,河中祥吾,雨森千周,千住琴音,米澤 拓也: Deep learningによる物体認識技術の回避に向けた擬態手法の実践的検証
  7. OSS2017 Best Paper Award: Akinori Ihara, Daiki Fujibayashi, Hirohiko Suwa, Raula Gaikovina Kula, Kenichi Matsumoto: Understanding When to Adapt a Library: A Case Study on ASF Projects
  8. 情報処理学会 第79回全国大会 学生奨励賞: 森田達弥:大規模屋内空間の効率良い計測に向けた小型・省電力アンビエントセンサの設計開発
  9. 情報処理学会 第79回全国大会 学生奨励賞: 金平卓也:不完全なPOI名称に対する機械学習によるカテゴリ推定手法

コンテストでの受賞

  1. 第5回学生スマートフォンアプリコンテスト 「最優秀賞」: 佐々木 渉, 米岡 尚樹: 加速度アプリ
  2. 第5回学生スマートフォンアプリコンテスト 「アイデア賞」: 米岡尚樹: クソ脳トレ
  3. SPAJAM2017 本戦 「ファイナリスト賞」: 高橋雄太,音田恭宏,高城賢大,米岡尚樹,松田裕貴: 〜 #彼女とデートなうに使うよ ~
  4. SPAJAM2017 大阪予選 「優秀賞」: 高橋雄太,音田恭宏,高城賢大,米岡尚樹,松田裕貴: ゆれぽいんと ~ユーザ参加型センシングを用いた揺れの事前通知アプリ~
  5. IKOMA Civic Tech Award アプリ部門 最優秀賞: 河中 祥吾: 4919 for IKOMA
  6. IKOMA Civic Tech Award アプリ部門 生駒の未来市民賞: 河中 祥吾: 4919 for IKOMA
  7. Mashup Awards 2017 シビックテック部門賞: 河中 祥吾, 松田裕貴: 4919 for IKOMA

招待講演

  1. 安本慶一:高齢社会の問題解決に向けたICTによる見守り技術,生駒市北地区自治連合会研修会(2017-12-20).
  2. 安本慶一:超スマート社会を実現するIoT技術,大阪市立大学大学院創造都市研究科ワークショップ(2017-12-19).
  3. 安本慶一:IoTが拓くスマートな社会,滋賀大学情報社会II(2017-10-26).
  4. 安本慶一:超スマート社会の実現に向けたセンシング、データ分析、フィードバック技術,三菱電機先端技術総合研究所(2017-10-20).
  5. 諏訪博彦:ユビキタスコンピューティングにおける社会実装,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2017 (JAWS2017)(2017-9-15~17).
  6. 安本慶一:ICT技術を用いた「見守り」について,鹿ノ台いきいき街づくり「見守り」講演・懇談会(2017-8-2).