スマートライフ

概要


私たちは日常生活において様々な身体的・精神的状態をとります。これらの状態認識を行うことで、人の生活に寄り添ったアプリケーションの実現が期待されています。本研究室では、スマートフォン等の身近なセンシングデバイスから取得したデータを基に、これらの状態を推定・予測する研究を行っています。また、個々のユーザの状態を推定・予測することにより、場面に即した行動支援や生活環境の改善など、より快適な生活を提供することができるようになります。

行動・状態認識でユーザ支援を

スマートフォンを用いた人の状態認識に関する研究として、画面上のタッチ操作を検出し、センサとして活用する研究があります。本手法では、従来のセンサでは検出が困難であった人の動作や、喜怒哀楽・ストレスなどのメンタル面の状態認識が可能になることで、これらを元にしたサービスの提供が期待されています。また、人の生活行動支援に関する研究として、心拍数予測に基づき、身体への負担が最適になる歩行経路を推薦するウォーキング支援システムのほか、短時間睡眠支援や空腹度推定などがあります。

「スマートライフ」に関する研究


Copyright(c) 2010- Ubi-lab, All Rights Reserved.