スマートシティ

概要

私たちが生活している街には様々な情報が溢れています。本研究室では、これらの情報をセンシング・分析することで、新たな価値を生み出し、ユーザへと還元するシステムの研究開発に取り組んでいます。情報をセンシングする手法には、ユーザが所持しているスマートフォンや車載カメラ等のデバイスを用いてユーザ自身が情報をセンシングする “ユーザ参加型センシング” や、不特定多数の人々が利用しているSNSから情報をセンシングする “ソーシャルセンシング” などがあります。

不特定多数の情報から価値を

参加型センシングに関する研究として、多数の車両に搭載したスマートフォンを用いて走行中の経路動画を撮影し、景観の良い場所(桜が満開の道など)の動画を自動的に収集、配信する「桜センシングシステム」を開発しています。また,ソーシャルセンシングに関連する研究として、写真家のソーシャルネットワーク上におけるクラウドソースビッグデータからコンテキストを解析し、ユーザが美しい写真を撮影可能にする最適なカメラセッティングの推薦を行う「アマチュア向けの写真撮影支援システム」を開発しています。

「スマートシティ」に関する研究


Copyright(c) 2010- Ubi-lab, All Rights Reserved.