コンテキスト分析

照度計を用いた屋内位置推定

屋内では,照明装置(蛍光灯など)の位置に応じて,部屋の中でも位置に応じてばらつきが出ます.予め,部屋の中の各位置における照度を計測しておき,モバイルユーザの携行する照度計の計測値を比較することで,ユーザの位置を限定することができます.さらには,部屋の各照明装置を瞬間的にオンオフし,照度計に現れる変化をみることで,ユーザの位置を特定することができます.本講座では,上記で述べた位置推定システムの研究開発を行っています.

関連論文

  • 坂本一樹,孫 為華,柴田直樹,安本慶一,伊藤 実:照度のフィンガープリンテイングとアクティブ照明制御に基づく屋内位置推定手
    法の提案,情報処理学会 DICOMO2011シンポジウム

快適度の推定

hiromu-o.poster任意の室温や湿度,明るさに対して,ユーザの快適度合いが分かれば,空調や照明などを最適に制御できます.しかし,同じ温度であっても,ユーザの置かれている状況によって快適度が異なってきます.例えば,真夏に外出先から部屋に戻って来たばかりの状況とずっと部屋にいた状況では,同じ室温,例えば,27℃に対して,異なる快適度になる場合があります.従って,室温に対するユーザの嗜好は,全ての状況,全ての温度に対する,快適度となり,そのような情報を収集するのは組合せの数が多くなりすぎて困難です.本講座では,アンケートによりユーザから聞き出した,幾つかの(状況,室温)の組に対する快適度をもとに,未知の(状況,室温)の組に対する快適度を推定する方法を考案しています.

関連論文

  • Yamamoto, S., Kouyama, N., Yasumoto, K., Ito, M.: Maximizing Users Comfort Levels through User Preference Estimation in Public
    Smartspaces, Proc. of the 7th IEEE Int’l. Workshop on PervasivE Learning, Life, and Leisure (PerEL 2011), pp. 187-192 (Mar. 2011).
  • 山本眞也, 神山直也, 安本慶一, 伊藤 実:複数ユーザの嗜好を推測し快適性を実現するスマートスペースの提案,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム,pp. 1309 -1317,下呂(2010-07).

Copyright(c) 2010- Ubi-lab, All Rights Reserved.